*

「らぶねこ」札幌最古の猫カフェはどんな所?猫と遊んで癒やされてきた

公開日: : カフェ

nekolove9

札幌の大通りにある猫カフェ「らぶねこ」へ行ってきました。今では札幌に猫カフェが6件ほどありますが、らぶねこは札幌に2008年に出来た最古の猫カフェだそうです。とりあえずやっぱり行くなら最古の猫カフェでしょうという事で、どんな所かレポートしますよ。

札幌最古の猫カフェ「らぶねこ」のアクセス

札幌駅から地下鉄南北線を利用して大通駅へ。大通駅から徒歩5分ほどの距離にあります。らぶねこへ行くには地図必須、地図を見てもわかりにくかったです。第一北野家ビルの5階にあります。

第一北野家ビル

慎重に周りを探しながら歩いてようやく見つけました。「第一北野家ビル」。よく見ると猫カフェの案内もあります。ここから中に入って奥のレトロなエレベーターを使って5階へ行きます。

nekolove2

そして5階の一番奥に猫カフェ「らぶねこ」はあります。何というか、外観はマンションの一室そのものです。マンションの一室を改装して猫カフェをオープンしたような感じでした。

らぶねこの料金

nekolove3

料金は後払いです。休日に来店した場合はまず30分コースか1時間コースを選びます。平日の場合はこれに加えて2時間コースや3時間コースも選ぶことができます。

  • 30分コース:480円(ドリンクバー300円)
  • 1時間コース:1,000円(ドリンクバー付き)
  • 2時間コース(平日限定):1,700円(1ドリンク付き)
  • 3時間コース(平日限定):2,500円(1ドリンク付き)
  • 延長10分毎:150円

コースは途中変更する事ができません。個別に退出案内も行われませんので自分で時間を把握しておく必要があります。気付かずにずっと滞在しているとドカッと延長料金を取られてしまいますよ。

入店方法

まずは入り口から中に入り受付カウンターでコースを選びます。そこで注意事項など説明を受けて、ここで入店時間が記載された番号札を受け取って首にかけます。そして手を石鹸で洗って手指をアルコールで消毒します。側に鍵付きロッカーを自由に使う事ができるので、荷物を預けておく事が可能です。

らぶねこの注意事項

  • 外部からペットを連れて来てはいけません。
  • 飲食物の持ち込みは禁止です。
  • 店内は完全禁煙です。
  • 猫のおもちゃの持ち込みは新品のみ可
  • 猫が嫌がる行為は禁止
  • カメラのフラッシュは禁止

多くの猫カフェでは小学生以下の入店が禁止されていますが、らぶねこでは保護者同伴であれば可能となっています。

店内の様子

らぶねこの室内

広さはマンションの一室程度の広さです。中央には巨大なキャットタワーがあり、上部には透明なキャットウォークも完備しています。床にはダンボールがあったり猫鍋がありました。

nekolove8

猫のおもちゃは別に新品を持ち込まなくてもお店専用のものが配置されています。しかしお昼過ぎはねむねむタイムなのであまり遊んでくれませんでした。

nekolove10

猫カフェの醍醐味、猫まっしぐらのご飯タイムは昼の12時と19時です。

nekolove11

らぶねこのサービスの一つとして、猫おやつが100円で販売されています。ただし販売時間が決まっています。ご飯タイムの前後1時間は販売停止期間となっています。なので、猫おやつをあげたい場合はオープンから11時までの間か13時以降に入店する必要があります。

更に、猫おやつは数量限定で1組につき1個までの販売です。たくさんおやつをあげられても猫スタッフも困ってしまいますからね。

nekolove12

「猫カフェ」ですからドリンクバー付きコースの場合は飲み物も飲めます。飲み物は猫がいる場所から隔離されたドリンクルームで飲みます。猫ルームとの間はガラス張りとなっており、ドリンクルームからも猫を観察する事が可能です。

nekolove5

まず最初に迎えてくれたのがこちらのロシアンブルーの猫さん。諸事情によりおむつ王子と呼ばれています。よく動く猫でお客さんの様子をうかがいながら出入り時に脱出を試みようとします。

nekolove4

アビシニアンでしょうか。耳がピーンとなっていて凛々しくかっこいい猫です。

nekolove9

貫禄のあるモフモフな猫。やはり昼過ぎはどの猫スタッフもねむねむな様子で反応も薄いです。

nekolove7

凄く良い美猫ですね。

nekolove13

これまた美しいアメリカンショートヘアーの猫。ちょっと警戒されてしまっています。常連さんだと猫の反応もちょっと違う風に見えました。

猫がこれだけたくさんいるわけですから、当然猫の毛もたくさん落ちています。床やソファに座ると猫の毛がズボンやスカートに付着してしまいます。これは猫カフェに来たのだから仕方がない事です。退出時、粘着テープのコロコロが用意されていますのでこれで猫の毛を落として帰る事ができます。

おわりに

やはり印象はマンションの一室の猫カフェです。お店に来たというより、個人宅へ遊びに来たような落ち着いた空間でした。当然猫に触れて戯れても良いのですが、猫を眺めながらソファに座ってゆったりと休憩したり飲み物を飲んで休憩しているお客さんも多かったように思えます。居心地の良い猫カフェでございました。

お店情報

らぶねこ
住所:北海道札幌市中央区南2条西5丁目26-17 第一北野家ビル 5F
営業時間:10:00-20:00
公式サイト:札幌ねこカフェ [らぶねこ] 札幌市中央区大通にオープンした猫と戯れることのできる喫茶店!
食べログ:らぶねこ – 大通/その他 [食べログ]

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

永山カレー
札幌の旧永山武四郎邸にあるカフェ、和洋折衷喫茶ナガヤマレストでランチ

札幌のサッポロファクトリーの隣にある永山記念公園には、北海道指定有形文化財にも指定されている旧永山武四郎邸があります。2018年6月23日のリニューアルを経て内部に「和洋折衷喫茶ナガヤマレスト」というカフェがオープンした […]

Rカフェのコーヒー
住宅街のど真ん中!滋賀長浜のレトロでおしゃれなカフェ「アールカフェ(R.CAFE)」

部屋の掃除をしていたら古い雑誌が出てきました。滋賀・京都のカフェ特集本でした。買った覚えもなかったのですが、パラパラとめくっていたら近所のカフェも掲載されていたので行ってみたのです。 まさかこんな所にお洒落なカフェがある […]

近江牛バーガー
近江牛バーガーを彦根城キャッスルロードのLU・PANで食べたら濃厚で格別な味だった

彦根と言ったら近江牛バーガーでしょ。そんな事も言われる近江牛バーガーは彦根城のキャッスルロードにあるバーガーカフェ「LU・PAN(ルパン)」で食べられます。NHK の番組「家族に乾杯」で鶴瓶さんも絶賛だったちょっと高級な […]

メルカートのパンケーキ
【移転】札幌大通の行列が出来るお洒落パンケーキカフェ「メルカート」でランチ

札幌駅近郊にあるパンケーキが主力のカフェ「メルカート デ サッポロ」に行ってきました。開店間際の11時過ぎに行ったのですぐに入れましたが既に店内は賑わっており、12時が近くなれば店の外には行列が出来る程の人気店でした。 […]

【閉店】手作りケーキの滋賀県米原市にあるケーキ屋&カフェ「mure(ミュール)」持ち帰りも可

伊吹山の麓、滋賀県米原市にある一軒家のケーキ屋&カフェを紹介します。伊吹山の登山口の近くにあり、まわりは住宅しかないような静かな場所ですがその中におしゃれなケーキ屋&カフェがあります。100%手作りにこだわったケーキ屋さ […]

IZARA外観
ひこにゃんお膝元!近江牛ランチが味わえるカフェ「伊沙羅 – IZARA」【彦根】

この前連れとラーメン屋に行ったら閉まっていたので、近くに何か良い店はないかと彦根城城下町「夢京橋キャッスルロード」を歩いて探しました。 そこで見つけたカフェ&バー「伊沙羅 – IZARA」に行ってきました。後 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
エックスサーバーでメールが送れない「Client host rejected:Access denied」

エックスサーバーで作成したメールアカウントでメールを送信しよう

札幌駅パセオ地下1階のパスタとパフェが美味しい「プロヴァンス」でランチ

札幌駅のパセオ地下1階にあるプロヴァンスは南フランスとイタリア

千歳市の和食処「ほうりん」の安い充実の寿司ランチ

千歳市にある和食処ほうりんは千歳駅の南西にある居酒屋が立ち並ぶ

スパホテルソーレ
札幌のカプセルホテル「スパホテルソーレすすきの」に泊まった感想

札幌の地下鉄すすきの駅の近くにあるカプセルホテル「スパホテルソ

札幌駅近くのモダン和食レストラン「えりも亭」で珍しい縮れ蕎麦ランチ

札幌駅の北口から徒歩2分程度の所に和風なモダンレストラン「えり

→もっと見る