車検の時に車検証がない!?車検証を紛失してしまったらどうするか

投稿日:

車検の時期が近づき、車検証がない事に気づいてあたふたしてしまう経験もあるかもしれません。車検証とは自動車検査証といって、これがないと車検を受ける事ができません。また、車検証は運転免許証と同じく自動車の運転時には必ず車内に置いておかなくてはいけません。車検証を紛失したという事は紛失した時点でもうその車で走行する事はできないという事になります。車検証がないのに車を運転すると処罰の対象となり、発見されれば50万円以下の罰金になります。

車検証を紛失したら至急手続きをしなくてはいけませんが、どこでどのように手続きを行うかという事について解説します。

車検証を紛失したらする事

探す

車検証は大概助手席の前にあるグローブボックスに入れておくと思います。車内に車検証がないという事は持ち出したという事ですので、以下の時に持ち出した事が考えられます。

  • 引っ越しや結婚での住所変更手続き
  • 自動車の保険関連の手続き
  • 駐車場の割引を受ける為の車種証明

もしこれらの事で持ち出した心当たりがあるなら、それを頼りに探してみましょう。カバンのなか、クリアファイルの中、色々考えられますがこれで見つかればラッキーです。

再発行手続き

どうしても車検証が見つからない場合は、至急再発行手続きを行わなくてはいけません。再発行を行う方法にも2通りあります。自分で行う方法と、ディーラーなどに代理で行ってもらう方法です。

しかし、再発行手続きは平日16時までしか受け付けていませんので会社に務めている場合は自分で行うのが難しいです。

ディーラーに代理で再発行手続きを行ってもらう

ディーラーなどで車検証の再発行手続きを代行してもらう事ができます。必要なものは、印鑑(シャチハタ不可)、そして代行手数料です。必要な書類もそこで作れます。

費用について

代行手数料はディーラーによって若干異なりますが、約1万円ほどかかります。

自分で再発行手続きを行う

自分で車検証の再発行手続きを行う場合はあなたの車のナンバーを管轄する運輸支局へ直接行って手続きを行います。

あなたのお住まいの都道府県でナンバープレートの地名が1種である場合は運輸支局も1件しかないので問題ありませんが、1つの県で複数の地名のナンバープレートがある場合は要注意です。例えば大阪だったら「大阪」「なにわ」「和泉」という3種類のナンバープレートがあります。それぞれ管轄する運輸支局が異なるので、異なる運輸支局へ行ったら手続きができません。

一体どこの運輸支局へ行ったらいいの?という疑問には以下のサイトがおすすめです。ナンバープレートの地名から運輸支局を探せます。

必要な書類

  • 理由書
  • 身分証明書
  • 手数料納付書
  • 再交付申請書

理由書とは紛失した理由などを書く書類です。最後の2つは運輸支局で専用の用紙をもらえるのでそこで用意しても大丈夫です。認印も持っていくと安心です。(シャチハタ不可)。

費用について

自分で再発行を行う場合は、再交付手数料300円と運輸支局までの交通費です。

注意点

車検証を紛失して、車検証がない車で運輸支局に行っては処罰の対象になってしまいます。電車で行くか他の車で行きましょう。

おわりに

車検証を紛失したら再発行に思わぬ出費になりますし、最悪の場合スピード違反などで警察に止められたら車検証が無いことで多額の罰金になる可能性があります。必ず車検証は自動車に携行し、持ち出したら必ず元に戻す事を心がけましょう。

-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.