Illustrator

カラーで作ってしまったAIをグレースケール(白黒)に変換する方法

投稿日:

グレースケール

印刷物を作る場合、大抵の場合 Illustrator(AI)を使うと思います。最初はカラー印刷の予定で作業していたのですが、完成してからやっぱり白黒(グレースケール)で!と言われる始末。カラーで作ってしまった AI ファイルをグレースケール(白黒)に出来るんだろうか?と調べる事になりました。

IllustratorのAIをグレースケールに変換

Illustrator にもカラーのファイルをグレースケールに変換する方法がありました。

ai-grayscale

今回は例として新規の AI ファイルに画像を配置しただけのファイルですが、これをグレースケール(白黒)に変換してみようとおもいます。

まずは CTRL + A で全てを選択しましょう。

ai-grayscale2

全てを選択した状態で、編集メニューより「カラーを編集」から「グレースケールに変換」をクリックします。

ai-grayscale3

これでカラーで作成したファイルをグレースケール(白黒)に変換する事ができました。

注意点

  • 印刷物の場合は、CMYK モードで作成しましょう。RGB だと想定外の色になってしまう事があります。
  • グレースケールに変換して保存すると元のカラーには戻す事ができません。せっかく作ったカラーのファイルをモノクロで保存してしまって苦労が水の泡にならないように、グレースケールに変換したら別名保存してカラーのファイルは残しておきましょう。
  • ファイルに画像が入っている場合は全て埋め込みましょう。リンク画像はグレースケールに変換できません。

-Illustrator

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.