ラーメン

富良野でつけ麺なら行列ができる「らぁめん支那虎」

投稿日: / 更新日:

支那虎外観

北海道でラーメンと言えば、札幌ラーメン、旭川ラーメン、函館ラーメンというように様々な所で有名ですが北海道でつけ麺はあまり聞かないよね。という事で調べてみるとたくさんありました。

そこで行ってきたのが富良野にある「らぁめん支那虎」です。テレビでも紹介された人気店でご飯時にはいつも行列ができているそうです。

昔ながらの雰囲気を醸すらぁめん支那虎

JR富良野駅から徒歩10分程度、国道38号線沿いにあるお店です。ショッピングセンター「フラノマルシェ」のすぐ近くにある小さめのラーメン店です。

駐車場について

お店の横に専用駐車場がありますが、3台分のスペースしかありません。これほどの人気店で3台分だと取り合いです。タイミングも重要ですが、3台分のスペースに入り込むのはかなりの難易度です。

店内について

店内は昔ながらの昭和な雰囲気が漂うお店です。カウンター席が4つ、テーブル席が2つ、小上がりが3つほどという広くはない店内です。人数が多いと座れるスペースが限られており待ち時間が長くなる傾向にあります。

支那虎のメニュー

支那虎のメニュー

支那虎では「支那そば」「こげ塩」が看板メニューのようですが、他にも塩・醤油・味噌一通り揃っています。しかし、ここはつけ麺を推します。

サイドメニューとしては豚丼に卵で閉じたでべそ飯が人気です。

支那虎のつけ麺

sinatora4

つけめん味噌(950円)を注文しました。つけだれは醤油と味噌から選べます。麺の中盛(1.5玉)は+100円、大盛(2玉)は+200円です。

つけ麺でこの具だくさんぶりは驚きました。温泉卵、かまぼこ、白髪ネギ、極太メンマ、チャーシューが乗っています。つけ麺はつけダレに具が少々入って、あとは麺だけという所もあるなかこれはボリューミーです。特徴的だったのは、写真を見てもらえばわかるように麺自体にもたれがかかっています。やや甘いタレで丼の底に溜まっていました。このタレでもつけ麺を食べられそうですが、つけ汁とミックスされても美味しいです。

sinatora5

つけダレにはネギと白ごまが入っています。味噌の香ばしい香りが漂い食欲をそそります。

sinatora7

麺は中太麺のほぼストレート。白く澄んだ色をしています。しかし、つけダレに浸せばよくからんでやや茶色に。

sinatora6

特筆すべきはこのチャーシューでした。別のタレで味付けされたチャーシューですが、驚くほどに柔らかで口に入れればスッと溶けてしまうような絶品のチャーシューです。これには感動しましたね。

最後に、スープ割り用の急須も最初から付いているのでスープ割りも楽しめます。

おわりに

北海道でつけ麺はあまり聞きませんが、支那虎のつけ麺はかなりクオリティが高いもので美味しかったです。北海道でつけ麺ももっと語られるようになれば良いのになぁと。北海道に来てわざわざつけ麺を食べる人も少ないという事でしょうか。

お店情報

らぁめん支那虎
住所:北海道富良野市幸町12番6号
営業時間:11:00~20:30
定休日:月曜日
食べログ:支那虎 - 富良野/ラーメン [食べログ]

-ラーメン
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.