日常

意外と簡単!地デジテレビのアンテナ線を延長する方法

投稿日:

先日知人からテレビのアンテナケーブルが短くてテレビまで届かないという相談を受けました。しかし、テレビの配線について私もそこまで詳しくないので個人的に調べて実践してみました。

単にアンテナケーブルを延長するだけなら長いアンテナケーブルに取り替えれば良いのですが、そうもいかないようでした。

terebisen4

壁から出てるテレビ線が端子型ではなく直に接線されています。端子を取り付けるようにするにも工事がいりますし、ケーブルを取り替えて接線するにもそう簡単にいきそうもありません。2本のケーブルを接続して延長する方法が一番手軽そうです。

中継接栓を使えばアンテナ線を延長できる

terebisen

必要なものは、2本目のアンテナケーブルとデジタル放送対応中継接栓です。どちらも最寄りの電気店などで購入する事ができます。予算はだいたい1,200円程度あれば大丈夫です。ほんの少し延長できればよかったので1mのアンテナケーブルを購入しました。

terebisen2

まずはアンテナケーブルと中継接栓を取り出します。

terebisen3

そのまま中継接栓を差し込んで接続します。アンテナケーブルはテレビプラグなので回さずにそのままスポッと接続します。

terebisen5

次に反対側に壁から出ているアンテナケーブルを接続します。延長したアンテナケーブルの先をテレビに接続すれば完了です。ちなみにテレビプラグではなくF型接栓タイプでも接続する事が可能です。その場合はねじのように回して中継接栓に接続します。

テレビの画質劣化の心配はないか

電気店でも店員さんに延長するなら長いケーブルを一本買った方が良いと言われました。しかしそれだと費用も上がります。

アナログテレビ時代はアンテナケーブルの延長は顕著に画質劣化が起きてしまっていたようですが、地上デジタル放送となってからは十分に受信レベルがあるのであればほとんど変わらないようです。実際にアンテナケーブル延長後にテレビを見てみましたが、特に気になる画質劣化は見られませんでした。

おわりに

手軽に、安くテレビのアンテナケーブルを延長したいなら中継接栓で2本のケーブルを接続するのが安上がりです。画質劣化の心配もほとんどないのでおすすめの方法です。

ちなみに中継接栓が必要ない延長用のアンテナケーブルも販売されていますが、やはりどこでも置いてあるわけではありません。下記商品が中継接栓が必要ない延長用のアンテナケーブルです。

-日常

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.