Excel

Excel2010で最近使用したブックの一覧に表示しない、または表示数を指定する方法

投稿日:

Excel2010 で画面上部のタブからファイルをクリックして開くと最近使用したファイル(最近使用したブック)が一覧で表示されます。過去何ファイル分か開いたファイルを記憶していてくれるので、再度開く時にまたファイルを探しにいかなくて良いので便利な機能です。

しかし、最近使用したブックが表示されたままだと不都合という場合もあるでしょう。この最近使用したブックは表示しない、記録を残さないようにする事もできます。

最近使用したブックを残さない設定

まずはファイルタブの中にあるオプションを開きます。

左メニューから「詳細設定」を開き、「表示」の見出しを探します。その中にある「最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数」を0にする事で、最近使用したブックは記録されなくなります。

ちなみに、ここに任意の数を入力することで最近使用したブックに表示されるファイルの表示数を指定する事もできます。

最近使用したブックを一度に消す方法

最近使用したブックを消すには、一覧にあるファイルを右クリックして「一覧から削除」をクリックする事で消すことができますが、一度に全て消す方法もあります。

最近使用したブックの一覧にあるファイルを右クリックして「固定されていないブックをクリア」を選択する事でピン留めされているファイルを除き全ての履歴が一度に削除できます。

-Excel

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.