滋賀

滋賀県で見るイルミネーション「びわ湖大津館のイングリッシュガーデン」1月も開催

投稿日: / 更新日:

irumi

滋賀県で見られるイルミネーションの中でも規模が大きく一番人気なのは、びわ湖大津館の側にあるイングリッシュガーデンの「光の庭のRose Fantasy」です。LED ライト10万個規模で他県と比べるとこじんまりとしていますが、琵琶湖沿いなので琵琶湖の夜景とのコラボレーションでとても美しい光景が広がります。

イルミネーションと言えば年末クリスマス時期だけの所が多いですが、びわ湖大津館のイングリッシュガーデンは2月14日までライトアップされます。(1月は正月三が日と土日祝のみ営業)

びわ湖大津館の場所

びわ湖大津館は琵琶湖の西側南部にある柳が崎にあり、すぐ側に桃山様式のイングリッシュガーデンが併設されています。

JR なら湖西線の大津京駅から徒歩15分程度、車なら名神高速道路の大津インターチェンジより国道161号線を北上し約10分程度で到着します。

駐車場について

徒歩3分程度の距離に乗用車160台規模のコインパーキングがあります。びわ湖大津館で買い物をすると駐車料金は無料になります。

入場料金と開場時間について

びわ湖大津館のイングリッシュガーデンイルミネーションは夜間営業で17時よりオープンです。20時半まで営業しています。

入場料は通常320円の所がイルミネーション期間中は250円です。

  • 大人(高校生以上):250円
  • 小中学生・65歳以上:100円

光の庭のRose Fantasy

イルミネーションの様子も少し紹介します。スマートフォンのカメラでは映りはイマイチでした。一眼レフでも持っていけば違ったのでしょうけども。

irumi3

光の庭の Rose Fantasy と題されているように、バラをモチーフとしたイルミネーションとメルヘンチックなイルミネーションが展開されています。10分程度で一周できてしまう小さな庭園ですが、その小さな中に凝縮された英国式庭園と美しいイルミネーション、琵琶湖の夜景が一望できるイングリッシュガーデンはとても幻想的でした。

びわ湖大津館には土産物店やレストランがあります。元琵琶湖ホテルであっただけに高級そうな創作フレンチレストランでした。

おわりに

やはりイルミネーションは実際に目で見るのが一番。幻想的な雰囲気にため息が出るものです。滋賀県のイルミネーションと言えば、びわ湖大津館のイングリッシュガーデン。是非チェックしてみてください。

-滋賀

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.