空港

中部国際空港(セントレア)の駐車場でバッテリー上がりを起こした時の対処法

投稿日:

先日中部国際空港の駐車場でバッテリー上がりを起こしてしまいました。ついうっかり室内灯を点けたまま出掛けてしまったようです。一般的に室内灯は4時間ほど点けっぱなしにしているとバッテリーが上がってしまうそうです。

こんな遠方の地で、知り合いも誰もいない場所でバッテリー上がりを起こしてしまって帰ろうと思ったら車が動かない。かなり絶望的な状況に冷や汗が止まりませんでした。しかし、後々考えるとバッテリー上がりを起こしたのが中部国際空港で良かったと思える事になりました。

そんな状況で中部国際空港の駐車場でバッテリー上がりを起こしてしまった場合の対処方法について紹介します。

バッテリー上がりの対処方法

車のドアも開かなかったので最初はスマートキーの電池切れかと思って、空港のコンビニまでボタン電池を買いに行きました。しかし変えても無理だったのでどうしようか考えていたところ、車のワイパーに上のような紙が挟まっていました。巡回のスタッフの方がご親切に書き置きをしてくれていました。そこには、室内灯が点けっぱなしだった事、バッテリー上がりの対処法が書かれていました。対処法には以下の3つがあります。

  • JAF や自動車保険のロードサービスを呼ぶ
  • 空港のガソリンスタンドに依頼する
  • 事務所でエンジンスターターを借りる

駐車場管理事務所でエンジンスターターを借りられるという事ですが、インターネットで調べてもエンジンスターターがどのようなものかわかりませんでしたし、バッテリー充電作業の知識もなかったのでまずこれは選択肢から消えました。

次に JAF やロードサービスを呼ぶ件ですが、全ての人が JAF に加入しているわけではないでしょう。加入していなくても呼ぶ事ができますが、料金は割高です。バッテリー上がりの工賃で最低13,000円ほどかかります。JAF 会員だったり自動車保険のロードサービスに加入していれば料金は無料になる事もありますが、空港までの出動でかなりの時間を要する事になるのは自明です。

そして最後に残った選択肢が空港のガソリンスタンド(セントレアGESサービス)に依頼するです。

セントレアGESサービスに依頼する

まず駐車場の料金を事前精算している場合は、駐車場管理事務所まで連絡する必要があります。事前精算した場合は30分以内に出庫しなくてはいけません。バッテリー上がりの対応をしていれば30分以上はかかってしまいます。連絡をする事で、作業中の駐車料金をなかった事にしてもらえます。手元に駐車券が必要です。

駐車場管理事務所 TEL:0569-38-7830

次に、空港のガソリンスタンド(セントレアGESサービス)に連絡します。バッテリー上がりの対応をお願いすると、15分程度で現場まで来てもらう事ができました。ただし、営業時間は9時~17時までです。営業時間外だった場合は、翌朝まで待つか他の選択肢を取るしかありません。

セントレアGESサービス TEL:0569-38-8181

料金について

バッテリー上がりの対応料金は何と3,000円でした。1万円くらい手数料が取られるかと覚悟していましたが、案外安く済みました。

セントレアGESサービスのスタッフの方が到着したら、専用の機器を車のバッテリーに接続し作業時間はものの5分程度で終了。無事にエンジンを始動する事に成功しました。

ここでエンジンが始動してもすぐに止めてしまったらまた動かなくなってしまう可能性があります。しばらく走ってバッテリーを充電する事で復旧するかもしれません。しかし、バッテリーが古くて劣化している場合は早めに整備工場やディーラーで点検を受けてバッテリーを交換しておくのが安心です。

おわりに

うっかり中部国際空港でバッテリー上がりを起こしてしまいましたが、コンビニへ電池を買いに行ったり冷や汗を垂らしながら焦ったり対処しましたが1時間未満で対処する事ができました。これも中部国際空港で空港のガソリンスタンドに依頼できた為です。JAF やロードサービスに依頼したらもっと時間がかかった事でしょう。

バッテリー上がりは JAF の出動理由ランキングにおいてもトップ1のトラブルだそうです。出来れば出くわしたくないトラブルでしたが、良い経験になりました。また、バッテリー上がりはどこで起きるかわかりません。もしもの時の為に、自動車保険のロードサービスの案内など車内に入れておく事が肝要だと思いました。

-空港

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.