ゲーム

アサシンクリードユニティをクリアした感想

投稿日: / 更新日:

unity2

アサシンクリードユニティをクリアしたので感想を書いてみます。ネタバレは極力避けていこうと思います。

グラフィック・作り込みはアップ

プラットフォームが次世代機に映って、グラフィックの美麗さと作り込みはアップしています。屋外から屋内へはシームレスに移動出来てストレスはありません。全ての建物に入れるわけではありませんが、入れる所は多い印象。また、使い回し感はあまり感じませんでした。

地下通路もシームレスで移動できますが、存在理由があまりないのが残念。ストーリー的にも訪れる理由がほとんどありません。宝箱を取りに行くくらい。

ストーリー

グラフィックは向上したが、ストーリーは陳腐。ストーリー的には過去作のほうがボリューム感があったし、面白かったと思います。その理由は今作の舞台はパリでほとんど地域移動がなかった事にあると思います。過去作にはいくつか地域があってストーリー的にも移動がありました。何かパリばっかりで飽きましたね。

大森林を駆けまわった3や大海原を船で行く4に比べたらインパクトは薄かったです。

ストーリーの本筋とは離れたサブミッションはかなりの数が用意されています。メインミッションをクリアしてもやりきれていません。過去作にはなかった探偵物ミッション(殺人事件の推理)は意外と面白かったです。

あと謎解きのノストラダムスは過去作に比べての高難度過ぎでダメ。一つも解きませんでした。

パッケージからミスリード

パッケージには4人のアサシンがいます。それで4人くらいの仲間が登場するのかなと思いきやそんな事はなく。シングルプレイの協力プレイが今作にはあり、それを意味したパッケージだったのでしょう。ただ協力プレイは本当にマルチプレイが前提で一人ではできないのが残念。

まとめ

面白くなかったわけではありませんが、残念な所が多かったなぁと思います。

何と2014年12月11日には PS3 でアサシンクリードローグが発売されます。

1年に2作も出されては辟易してしまって困ります。しかし2015年初頭に遅れて PC 版が発売されるそうなので、間を空けてそちらでプレイする予定です。

-ゲーム
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.