*

「らぶねこ」札幌最古の猫カフェはどんな所?猫と遊んで癒やされてきた

公開日: : カフェ

nekolove9

札幌の大通りにある猫カフェ「らぶねこ」へ行ってきました。今では札幌に猫カフェが6件ほどありますが、らぶねこは札幌に2008年に出来た最古の猫カフェだそうです。とりあえずやっぱり行くなら最古の猫カフェでしょうという事で、どんな所かレポートしますよ。

札幌最古の猫カフェ「らぶねこ」のアクセス

札幌駅から地下鉄南北線を利用して大通駅へ。大通駅から徒歩5分ほどの距離にあります。らぶねこへ行くには地図必須、地図を見てもわかりにくかったです。第一北野家ビルの5階にあります。

第一北野家ビル

慎重に周りを探しながら歩いてようやく見つけました。「第一北野家ビル」。よく見ると猫カフェの案内もあります。ここから中に入って奥のレトロなエレベーターを使って5階へ行きます。

nekolove2

そして5階の一番奥に猫カフェ「らぶねこ」はあります。何というか、外観はマンションの一室そのものです。マンションの一室を改装して猫カフェをオープンしたような感じでした。

らぶねこの料金

nekolove3

料金は後払いです。休日に来店した場合はまず30分コースか1時間コースを選びます。平日の場合はこれに加えて2時間コースや3時間コースも選ぶことができます。

  • 30分コース:480円(ドリンクバー300円)
  • 1時間コース:1,000円(ドリンクバー付き)
  • 2時間コース(平日限定):1,700円(1ドリンク付き)
  • 3時間コース(平日限定):2,500円(1ドリンク付き)
  • 延長10分毎:150円

コースは途中変更する事ができません。個別に退出案内も行われませんので自分で時間を把握しておく必要があります。気付かずにずっと滞在しているとドカッと延長料金を取られてしまいますよ。

入店方法

まずは入り口から中に入り受付カウンターでコースを選びます。そこで注意事項など説明を受けて、ここで入店時間が記載された番号札を受け取って首にかけます。そして手を石鹸で洗って手指をアルコールで消毒します。側に鍵付きロッカーを自由に使う事ができるので、荷物を預けておく事が可能です。

らぶねこの注意事項

  • 外部からペットを連れて来てはいけません。
  • 飲食物の持ち込みは禁止です。
  • 店内は完全禁煙です。
  • 猫のおもちゃの持ち込みは新品のみ可
  • 猫が嫌がる行為は禁止
  • カメラのフラッシュは禁止

多くの猫カフェでは小学生以下の入店が禁止されていますが、らぶねこでは保護者同伴であれば可能となっています。

店内の様子

らぶねこの室内

広さはマンションの一室程度の広さです。中央には巨大なキャットタワーがあり、上部には透明なキャットウォークも完備しています。床にはダンボールがあったり猫鍋がありました。

nekolove8

猫のおもちゃは別に新品を持ち込まなくてもお店専用のものが配置されています。しかしお昼過ぎはねむねむタイムなのであまり遊んでくれませんでした。

nekolove10

猫カフェの醍醐味、猫まっしぐらのご飯タイムは昼の12時と19時です。

nekolove11

らぶねこのサービスの一つとして、猫おやつが100円で販売されています。ただし販売時間が決まっています。ご飯タイムの前後1時間は販売停止期間となっています。なので、猫おやつをあげたい場合はオープンから11時までの間か13時以降に入店する必要があります。

更に、猫おやつは数量限定で1組につき1個までの販売です。たくさんおやつをあげられても猫スタッフも困ってしまいますからね。

nekolove12

「猫カフェ」ですからドリンクバー付きコースの場合は飲み物も飲めます。飲み物は猫がいる場所から隔離されたドリンクルームで飲みます。猫ルームとの間はガラス張りとなっており、ドリンクルームからも猫を観察する事が可能です。

nekolove5

まず最初に迎えてくれたのがこちらのロシアンブルーの猫さん。諸事情によりおむつ王子と呼ばれています。よく動く猫でお客さんの様子をうかがいながら出入り時に脱出を試みようとします。

nekolove4

アビシニアンでしょうか。耳がピーンとなっていて凛々しくかっこいい猫です。

nekolove9

貫禄のあるモフモフな猫。やはり昼過ぎはどの猫スタッフもねむねむな様子で反応も薄いです。

nekolove7

凄く良い美猫ですね。

nekolove13

これまた美しいアメリカンショートヘアーの猫。ちょっと警戒されてしまっています。常連さんだと猫の反応もちょっと違う風に見えました。

猫がこれだけたくさんいるわけですから、当然猫の毛もたくさん落ちています。床やソファに座ると猫の毛がズボンやスカートに付着してしまいます。これは猫カフェに来たのだから仕方がない事です。退出時、粘着テープのコロコロが用意されていますのでこれで猫の毛を落として帰る事ができます。

おわりに

やはり印象はマンションの一室の猫カフェです。お店に来たというより、個人宅へ遊びに来たような落ち着いた空間でした。当然猫に触れて戯れても良いのですが、猫を眺めながらソファに座ってゆったりと休憩したり飲み物を飲んで休憩しているお客さんも多かったように思えます。居心地の良い猫カフェでございました。

お店情報

らぶねこ
住所:北海道札幌市中央区南2条西5丁目26-17 第一北野家ビル 5F
営業時間:10:00-20:00
公式サイト:札幌ねこカフェ [らぶねこ] 札幌市中央区大通にオープンした猫と戯れることのできる喫茶店!
食べログ:らぶねこ – 大通/その他 [食べログ]

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ブルーボトルコーヒーロゴ
気品漂うブルーボトルコーヒー青山店(2号店)でコーヒーを飲んだ。表参道近くのカフェ

2015年初めにアメリカのカルフォルニアで大人気のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が日本に上陸した事で大変話題となりました。コーヒー界の Apple と呼ばれるブルーボトルコーヒーは、オープン当初4時間並んでコー […]

森彦ブレンドコーヒー
驚愕のアンティークカフェ!札幌円山の古屋カフェ「森彦」

本日は古屋フェチも大歓喜の驚愕のアンティークカフェをご紹介します。札幌円山の閑静な住宅街にある「森彦」さんです。 目次1 品格ある築60年を越えるカフェ「森彦」1.1 アンティーク感あふれる空間1.2 深みがあり上品な珈 […]

滋賀県長浜市で食べる絶品スープカレー「くわのみカフェ」コーヒーも美味しいロッジカフェ

滋賀県長浜市にあるロッジのような外観のくわのみカフェへ行ってきました。こちらは自家製カレーとコーヒーをメインに提供している喫茶店です。滋賀県長浜市でスープカレーが食べられるお店があるとは思ってもいませんでした。ちょっと調 […]

Rカフェのコーヒー
住宅街のど真ん中!滋賀長浜のレトロでおしゃれなカフェ「アールカフェ(R.CAFE)」

部屋の掃除をしていたら古い雑誌が出てきました。滋賀・京都のカフェ特集本でした。買った覚えもなかったのですが、パラパラとめくっていたら近所のカフェも掲載されていたので行ってみたのです。 まさかこんな所にお洒落なカフェがある […]

365ワッフル
米原駅前にノマドも捗るお洒落な「カフェ&バー隣町パーラー」がオープン!電源・Wi-Fiも完備

滋賀県の米原駅前に2016年8月に新規カフェがオープンしたという事で行ってきました。明るく雰囲気も良い内装もお洒落なカフェで、スターバックスに肩を並べる程でした。 米原駅と言えば新幹線が止まるのに付近に何もないと言われが […]

朝食もできる古民家パン屋カフェ、米原駅徒歩5分「ベーカリーカフェカシュカシュ」

2017年4月に滋賀県の米原駅東口から徒歩5分程度の場所にベーカリーカフェがオープンしました。古民家を改装したパン屋カフェで古めかしくもお洒落でまるでジブリの雰囲気が漂う空間です。米原駅前と言っても知っていなければ目に入 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Flash享年24歳、2020年に完全終了!Flashゲームの行先と代替方法は?

Adobe、2020年末でFlashのサポートを終了と発表 |

ログアウト
Googleアカウントのログアウト後も残るメールアドレスの消し方【ブラウザ別対処】

Google アカウントは今や多くの方が利用されていると思いま

わらび餅入り黒蜜かき氷
長浜市の和菓子屋さんが作る和風かき氷「ちゃらく」のわらび餅入り黒蜜かき氷

滋賀県長浜市ではかき氷専門店はありませんし本格かき氷を提供して

Premiere Elementsで動画の明るさや色調コントラストを補正する方法

写真の明るさや色調を補正する方法なら馴染みのある方法で Pho

ラジオのおすすめ音楽番組は「坂本美雨のディアフレンズ」

テレビの音楽番組は次々と終了して激減していますが、ラジオではま

→もっと見る