端末

Pixel7 Proの画面解像度を上げて1440p(QHD+)に変更する方法

投稿日:

Google スマートフォン Pixel7 Pro の画面解像度を上げて QHD+ にする方法を解説します。

Pixel7 の画面解像度は FHD+(1080 x 2400)ですが、Pixel7 Pro の画面解像度は QHD+(1,440 x 3,120)まで対応しています。標準設定では FHD+ になっていますが、画面解像度を上げる事が可能になっています。

画面解像度を上げる方法

Pixel7 Pro の設定をタップします。

設定の中からディスプレイをタップします。

その他のディスプレイコントロールの項目の「画面の解像度」をタップします。

「最大解像度」をタップします。

すぐに解像度は変更されますが、一部のアプリは再起動が必要になる場合があります。

スマホのQHD+のメリットは?

画面解像度が上がるという事は、その分画面の鮮明度は上がるという事です。QHD+ の方が文字がくっきり表示される事になります。

しかし画面サイズそのものは変わらないので、個人的には正直 QHD+ にしても違いがよくわかりませんでした。ものすごく拡大したら何となく綺麗かな?と思いますが、そこまで拡大する機会もないですからね。

ただ、文字サイズを最小にしても QHD+ だと読みやすかったです。

まとめるとこのようになります。

  • 画面の鮮明度が上がる
  • 文字も鮮明で読みやすい
  • 画面のスクリーンショットの解像度も上がる

デメリットとしては QHD+ にするとバッテリーの消費量が上がります。しかし Pixel7 Pro は Pixel7 より多い5,000 mAh のバッテリーを搭載しているので、バッテリーが1日もたないという事はなさそうです。

-端末
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.