*

YARPPの関連記事サムネイルのアスペクト比(縦横比)がおかしい時の修正方法

公開日: : WordPress

YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)は有名なプラグインなので WordPress でブログやサイトを運営している人なら目にした事もあるでしょう。関連記事を表示してページ回遊を促すプラグインです。

便利なプラグインなので当ブログでも導入していますが、プラグインをアップデートした所とある問題に直面しました。上の画像のように、関連記事のサムネイルのアスペクト比がおかしくなって縦長でギュッと圧縮されたような状態になっています。それも全てのサムネイルではなく一部のみです。

原因

何故そのような事が起こっているのか原因を探ってみました。正しいサムネイルの場合は指定したサイズで表示されていますが、アスペクト比がおかしいサムネイルはフルサイズの画像をギュッと圧縮している為縦長の画像になっている事がわかりました。

続いて、正しいサムネイルの時と縦長のサムネイルの時で何が違うのか調べてみました。

縦長のサムネイルが表示されている画像のアップロードフォルダを FFFTP で見ると上図のような状態です。WordPress では画像をアップロードすると自動でサムネイルが生成されます。通常サムネイルは 150px × 150px です。ですが YARPP ではサムネイルを 120px × 120px で表示している為、120px 四方の画像が存在しない事が原因でフルサイズの画像が出力されてしまっている事が原因でした。

対処方法

つまり、120px 四方の画像を作ってあげれば解決するという事です。

WordPress の外観設定からテーマの為の関数 functions.php を開きましょう。

add_theme_support('post-thumbnails');
add_image_size('thumb120',120,120,true);

サムネイルを使っているなら「add_theme_support('post-thumbnails');」という記述がある筈なので、その下に「add_image_size('thumb120',120,120,true);」を追加します。120px 四方のサムネイルを追加しますという意味です。しかしこれだけではこれからアップする画像については 120px のサムネイルが生成されますが、アップ済みの画像については生成されません。

Regenerate Thumbnails」というプラグインを使えばアップ済みの画像も追加したサムネイルサイズの画像を一括生成してくれます。

新たなプラグインをインストール、できればしたくない。面倒くさい。そう思いました?私もそうです。新たなサイズのサムネイルを一括生成すれば、今までにアップロードした画像枚数分だけ新しい画像ができるという事です。その分サーバー容量も圧迫する事になります。

別の視点から考えてみましょう。デフォルトサイズの 150px のサムネイルは既にあります。150px のサムネイルを 120px に縮めて表示するのはどうでしょう。ページを軽くする観点からは数KB無駄ですが、既にある画像を活用できます。

その為には YARPP のテンプレートを編集します。サーバー上で「wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/includes」の場所に「template_thumbnails.php」というファイルがあります。これがテンプレートです。編集する前に編集前のファイルをコピーして残しておきましょう。もし不具合が発生した時に編集前のファイルをアップロードしたらすぐに元に戻す事ができます。

サムネイルを出力する部分はそのファイルの38行目あたりです。

$post_thumbnail_html = get_the_post_thumbnail( null, $dimensions['size'] );

これがデフォルトの記述ですが、これを以下のように変更します。

$post_thumbnail_html = get_the_post_thumbnail(null,'thumbnail');

「$dimensions['size']」が「thumbnail」に変わりました。thumbnail を指定する事によりデフォルトサイズの 150px のサムネイルを出力せよという指定になります。

Before

After

これで縦長サムネイルを正方形に整形する事ができました。

補足

functions.php にて add_image_size で100pxや110pxのサムネイルを生成している場合は、この画像を拡大表示する方法も一つの手です。10px 程度拡大しても劇的に画像が荒くはなりませんし問題ないでしょう。

その場合は

$post_thumbnail_html = get_the_post_thumbnail(null,'任意の名前');

という風にします。任意の名前は

add_image_size('この部分',110,110,true);

この部分で示したサムネイルサイズの識別子です。

上部広告

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

WordPressでカテゴリ別人気記事を表示できない時に確認する事【Popular Posts】

WordPress の人気記事表示プラグインと言えば「WordPress Popular Posts」が有名です。手軽に人気記事をサイドバーを含め自由な場所に設置できるので大変重宝するプラグインです。 調べてみると Wo […]

知識不要!簡単にWordPressに画像スライダーを付けられる「Easing Slider」の使い方

ウェブサイト上で一枚の画像が次々と切り替わっていくものを画像スライダーとかスライドショーと言います。企業サイトや個人サイトでも至るところで見かけるようになりました。 このスライドショーは色々なタイプの物が jQuery […]

WordPressのパーマリンクを連番にしたいがあるカテゴリだけ除外したい

WordPress のパーマリンクを連番にする方法は既に様々なブログで取り上げられておりここでは割愛しますが、それに加えてやりたい事があったのでメモします。 それは基本的にはパーマリンクは連番にするが、あるカテゴリの投稿 […]

pasokon-pc
WordPressで投稿日時の年月日を別に取得する方法

WordPress には投稿日時を取得する関数 get_the_date() という便利なものがありますが、これだと年月日全てが表示されてしまいます。投稿年月日を年・月・日と別に取得する方法はないかと結構頭を悩ませたんで […]

常時SSL
wpXが無料でWordPressの常時SSL機能を提供開始!簡単にhttps化できちゃいます

SSL という言葉は馴染みがないかもしれませんが、https という言葉なら見たことがあるでしょう。ウェブサイトの URL の始まりは「http://」か「https://」のどちらかです。普通のサイトなら前者の方が多い […]

Stingerで特定記事だけAdsenseを表示しないようにする

このブログでも使っている WordPress の人気テーマ Stinger3 で Adsense を表示しないようにする方法を紹介します。Stinger5 でも同様です。 目次1 Adsenseを非表示にする必要性2 S […]

上部広告

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

上部広告

       
小谷城スマートIC
小谷城スマートICが開通したので近隣の観光地やお店を紹介するよ

2017年3月25日15時より、小谷城スマートインターチェンジ

Amazonプライム限定のクレヨンしんちゃん外伝は地上波とは違う面白さがある

クレヨンしんちゃん25周年を記念して2016年8月から Ama

Chromeでテーブルの列をコピー、矩形選択ができる拡張機能「Copytables」

ウェブサイト上でもデータをまとめる際に表がよく使われます。これ

キャッシュトレイ
三菱東京UFJ銀行でもコンビニATM手数料を無料にする事が可能です(条件有り)

セブンイレブンやローソンなどに設置してあるコンビニ ATM は

サングラス
車を運転中に朝陽が眩しくて信号が見えないのでサングラスで対策した

先日車を運転中にヒヤリとする出来事がありました。それは信号に気が付かな

→もっと見る