*

わらしべ長者の最後の屋敷の主人は何故帰ってこなかったのかという考察

公開日: : 最終更新日:2017/05/18 日常

藁

わらしべ長者という日本の昔話があります。結構有名な昔話で国語の教科書にも載っていた事もありご存知の方も多いのではないでしょうか。私も昔からよく知っている話でしたが、先日久しぶりにラジオでわらしべ長者の朗読を聴きどうにも腑に落ちない結末で首をかしげたのです。

わらしべ長者の物語は著書によって若干異なりますが、概ね以下のようなあらすじです。

わらしべ長者のあらすじ

どれだけ働いても貧乏なままの男が、貧乏から脱するために藁にもすがる思いで観音様に願掛けをしました。すると観音様から「最初に触れた物を大事に持って旅に出なさい」とお告げをもらいます。男が観音堂から出ると蹴躓いて地面に手を付いてしまいました。その時最初に手に触れたものが一本の藁だったのです。

その一本の藁を大事に持って歩いていると、一匹のアブが顔の周りを飛び回りました。あまりにうるさいので男はアブを捕まえて藁に結びつけました。その後、とある母と子に出会い子どもが藁に結ばれたアブが欲しいと駄々をこねました。母にそのアブを譲ってくれないかと頼まれ仕方なく渡すと、お礼にみかんを3個もらいました。

更に歩いていくと喉の乾いた商人に出会い、みかんと上等な絹の反物との交換を提案されこれを承諾しました。

その後、今度は今にも倒れそうな馬と侍に出会いました。侍は急いでいるため馬を見捨てなければいけない状況にあり、男の絹の反物を見た侍は馬と反物を交換しろと言いました。男は弱った馬を手にする事となりました。馬は弱っていましたが水を飲ませると元気を取り戻しました。

馬に乗って旅を続けると、大きな屋敷にたどり着きました。ちょうど屋敷から出てきて旅に出ようとしていた屋敷の主人は男の馬に見惚れて譲って欲しいと申し出ました。そして代わりに屋敷の前の田んぼを譲ると。更に屋敷の留守も頼み3年以内に帰ってこなければ屋敷も譲ろうと言ったのです。

男はこれを承諾して屋敷の留守番をする事になりました。しかし、3年待っても5年待っても屋敷の主人が帰ってくる事はありませんでした。男はその後結婚もして一本の藁から裕福な暮らしを手に入れたわらしべ長者となりました。


ここまでがわらしべ長者のあらすじです。冷静に見ると色々と突っ込みどころはありますが…。一本の藁を加工したらみかんになった。これは別に良いです。一本の藁では価値はありませんが、加工する事によって価値が出る。これは何もおかしくはありませんし現代社会でも言える事です。みかんが反物になった、これもまだあり得るでしょう。反物から馬は飛躍しすぎでしょうとは思いましたがここではスルーします。問題は最後の部分です。

屋敷の主人は何故帰ってこなかったのか

屋敷の主人はちょうど旅に出る所で男と出会い、馬と田んぼの交換を提案しました。更に見ず知らずの男に屋敷の留守まで頼んだのです。更に3年以内に帰ってこなかったら屋敷も譲ると言います。ここがもう普通には考えられない所です。ここが腑に落ちなかった所です。屋敷の主人が何者でどこへ行こうとしていたのかは作中には語られていません。何故、屋敷の主人は帰ってこなかったのかという所を考察してみました。

  • 事故死
  • 戦に行く途中だった
  • 人生に疲れて自殺するつもりだった
  • 別の場所で第二の人生を送るつもりだった

考えられる事を列挙してみました。

事故死

旅の途中で不運にも命を落としてしまった。それなら帰ってこなかった事にも合点がいきます。しかし、3年以内に帰ってこなかったら…という事を言っているのでこれはないかなと。

戦に行く途中だった

屋敷の主人がどこかの武家だったとすると、戦に出る途中だったのかもしれません。戦なら無事に帰ってこれる保証はありません。帰ってこられるなら3年後だと。これはありえそうです。

人生に疲れて自殺するつもりだった

いくらお金はあって裕福でも悩みはあるでしょう。人生に疲れて自殺するつもりで最初から帰るつもりはなかったのかもしれません。でもこれだと3年以内に帰ってこなかったら…とは言いませんよね。

別の場所で第二の人生を送るつもりだった

今の生活を捨てて別の場所で第二の人生を送るつもりだったというのはどうでしょう。その為に今ある田や屋敷などの資産はちょうど良く現れた男に譲ったという流れはおかしくありません。第二の人生が上手くいかなかったら帰ってくるつもりだったのでしょう。3年も経てば第二の人生も軌道にのったか失敗したかわかる筈なので、軌道に乗れば帰ってこなくなるでしょう。

おわりに

屋敷の主人が何故帰ってこなかったのか考察してみましたが、個人的に一番納得がいくのは「戦に行く途中だった」か「別の場所で第二の人生を送るつもりだった」のどちらかです。作中では語られていないので本当の所はわかりません。これは個人的な想像にすぎません。

腑に落ちない物語から何故こうなったのかと考えを巡らすのも面白いものですね。

同じカテゴリの記事を見てみる  日常

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

腕時計
スマホを家に忘れた時スマートウォッチで出来る事

スマートフォンを自宅に忘れた時の虚無感と言ったら…。 今の時代スマートフォンや携帯電話の携帯は当たり前の時代となっていますが、先日スマートフォンなしの一日を過ごすこととなりました。それも Android Wear のスマ […]

裸足で浜辺を歩く
足の裏の痛みに悩まされた半年間、発症から完治まで【足底腱膜炎】

半年くらい前から足の裏の痛みに悩まされていました。その痛みがようやく半年を経過した後に解消したのでまとめ記事を書いてみようと思います。 その足裏の痛みは朝起きた時突然襲われました。朝起き抜けに第一歩を踏み出した時、両足の […]

LINEの通知音変えよう?みんな同じ音で紛らわしい

LINE と言えば通話やチャットを無料で行う事ができるアプリケーション。今やスマートフォンに最初からインストールされている事が多く、利用者も多いです。 私も LINE を利用していますが、それほど多用しているわけではあり […]

まぜそば
個人経営のラーメン店で食べるのって何か良いなと思った話

先日気になるラーメン店があって仕事の帰りに立ち寄ってみました。建物も小さくて小じんまりとした民家を改造したような個人経営のラーメン屋でした。今日はそんなラーメン店で食事して何か良いなと思ったお話です。 チェーン店とは違う […]

野球のボール
子どもの頃から変化球はダメ。僕はコントロールを失った

小学生の頃、活発なスポーツは野球・サッカー・バレーの3つでした。小学4年生から始める事ができるクラブ活動もその3つでした。 スポーツ万能とは程遠い私ですが、クラブ活動は野球をやっていました。ポジションはレフトとかライト( […]

こっちを見ている猫
飼い猫は意外と人間の言葉を理解している気がする

犬は人間の言葉を理解しているとはよく言われますが、意外と猫も理解しているのではないかと思いました。犬に比べたら猫は気ままで自分勝手で自由に生きていますが、話しかければこちらを向くし耳もこちら側に向きます。もちろんそれだけ […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
キャラメルがとろける贅沢なチョコクッキー東京限定の「キャラメルウィッチ」

先日東京へ行った時にまるでブランドバッグのようなお洒落さと高級

朝食もできる古民家パン屋カフェ、米原駅徒歩5分「ベーカリーカフェカシュカシュ」

2017年4月に滋賀県の米原駅東口から徒歩5分程度の場所にベー

大垣市の麺やらいじんが移転、一味違う豚骨スープとらいじんラーメンに舌鼓

かつて岐阜県大垣市浅中にあった「麺やらいじん」さんが2017年

ガソリンスタンドENEOSの看板にあるFCとは一体何?

ガソリンスタンドの ENEOS は日本全国にありますが、たまに

高速道路に信号機が?トンネル用信号とは何のために設置されているのか

Photo by (c)Tomo.Yun 信号機は一般道には凄ま

→もっと見る