*

都市開発ゲームの総本家がスマホ版をリリース「SimCity BuildIt」

公開日: : 最終更新日:2016/09/11 スマホゲーム

simcity-buildit

私は昔から特にシミュレーションゲームで「シムシティ」シリーズが好きです。スーパーファミコンの初代シムシティから、2000,3000,シムシティ4、最新のシムシティ2013までプレイするほど。

スマホゲームの都市開発ゲームも他社から類似ゲームがいくつかリリースされていますが、どれも本家には敵わずどれもいまいちパッとしませんでした。

2014年12月に何と都市開発ゲームの総本家「シムシティ」シリーズからスマホ版(Android/iOS)がリリースされたとなればプレイするしかありません。その名は「SimCity BuildIt」。

基本プレイは無料で、より効率よくプレイしたい人は課金するというスマホゲームではよくあるビジネスモデルですね。

シムシティビルドイット

まずスマートフォンでこの3Dの美麗グラフィックは凄いですね。更にカクつく事なくグリグリ動かせます。基本は PC 版のシムシティ2013のグラフィックの流用のようです。

PC版シムシティとは似て非なるもの

PC 版のシムシティの仕組みそのままではなくて、スマートフォンで快適に遊べるように最適化されています。仕組みはスマートフォン用で PC とは全く別物と思った方が良いかもしれません。

PC 版とスマートフォン版の違い

  • 住宅・商業・工業のバランスを考えて作らなくても良いです。
  • 公共施設などの月額維持費なども考えなくて良いです。
  • レベル制で上がるごとに要素が開放されていく。
  • 資材を工場で生産し、住宅をアップグレードしていく。
  • 一度建てた建物を壊さずに移動できる。
  • お金が溜まりにくい。

住宅・商業・工業のバランスを考えて作らなくても良いです。

PC 版では住宅区・商業区・工業区の需要を加味してバランスよく作っていかなくてはいけませんが、スマホ版では RCI 需要がありません。

公共施設などの月額維持費なども考えなくて良いです。

学校、公園などは初期費用だけで月額維持費はかかりません。

レベル制で上がるごとに要素が開放されていく。

スマホ版ではレベル制となっています。建てられる工場や商業、住宅に制限があります。レベルが上がるごとに上限が上がっていきます。その他に生産できるもの、建てられる公共施設が増えたり徐々に要素が開放されていきます。

資材を工場で生産し、住宅をアップグレードしていく。

主な市長の活動は、工場で資材の生産を指示して住宅をアップグレードし、市民を呼び込みます。(変わった市長のお仕事ですね)

工場で資材を生産

工場で生産する資材は住宅のアップグレードに必要なものです。上図の下にある生産している資材の上には「6m49s」という文字列がありますね。これは資材を生産するのにかかる時間です。高級な資材だとかなりの時間がかかります。それ故、スマホ版シムシティは放置ゲーです。この待ち時間を減らすにはゲーム内の数少ない「シムキャッシュ」(図中の緑の札束)という物を使うか、リアルマネー課金になります。まったりまったり都市を拡大していくなら課金の必要はありません。

ゲームを閉じても資材生産の時間は減っていくようです。生産が終わったら通知バーに表示されます。

あとシムシティの醍醐味、建設中のニョキニョキは健在です。ここ、重要ですよね。

夜景

(夜景も綺麗。)

一度建てた建物を壊さずに移動できる。

住宅でも、消防署でも、発電所でも一度建てた建物を壊さずに移動できます。火災が起きた場所に消防署を移動するという反則技も可能。自分だけの最強の箱庭ゲーですね。

お金が溜まりにくい。

市民から税を徴収するのは変わりありません。人口3万人程度なら、税収は1日で約7,000シムオリオンほど入ります。市民の幸福度によって上下するようです。つまり10日経てば70,000シムオリオン入ります。あとは、住宅をアップグレードするとお金が入ります。(ゲームを閉じている時でも次開いた時に市役所をタップすると税収が入ります。)

しかし公共施設の建設に多大なお金がかかるなど、市民の要求になかなか応えていけません。大都市は一日にしてならず。この辺は妙にリアルですね。

もっと早くお金が欲しい場合は、リアルマネー課金となります。

街の広さ

PC 版に比べたら狭いですが、システム上 PC 版のように街をどんどん拡大していく事ができないのでまったり長く遊べると思います。

おわりに

他のスマートフォン版の都市開発ゲームとは格の違う出来です。やはり本家は違いますね。無料でもかなり遊べるゲームです。PC 版シムシティをプレイしようと思ったらかなりの高性能パソコンが必要なので、スマートフォン版のシムシティはおすすめです。

SimCity BuildIt – Google Play の Android アプリ

関連記事

スマホで牧場&街づくりができる箱庭ゲーム「タウンシップ」が面白いのでレビューする
私は昔から都市経営ゲームのシムシティや牧場でまったり生活する牧場物語シリーズが好きだったのですが、スマートフォンで同じようなゲームがないか探してみたところ「タウンシップ」と
スマホ版SimCity Builditお金を貯める方法
ズバリ、最も早くお金を貯める方法はリアルマネー課金! と言ってしまえばそこまでですが、スマホ版シムシティはお金が貯まりにくい仕様となっています。スマホ版シムシティは基
  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

Lanota
普通の音ゲーに飽きた?メルヘンな絵本の世界のスマホゲーム「Lanota」をレビュー

ある日、Google Play ストアを眺めていたらこんなファンタジーでメルヘンなアイコンが目に飛び込んできました。何だこのゲームは、RPG か?と思ったら音ゲーもといリズムゲームだったので早速ダウンロードしてみました。 […]

ねこ転がし
重力パズルゲーム「ねこ転がし」は単純で奥が深いおすすめAndroidアプリ

この前ねこ転がしという Android アプリ(ゲーム)を紹介されたのでやってみましたが、誰でも出来る簡単操作で単純でも奥が深いゲームで面白かったです。 ねこ転がし 開発元:Hideaki Matsui 無料 poste […]

クロッシーロード
ちょっとした暇つぶしにスマホアプリ「クロッシーロード」はいかが?

先日友人にこのゲーム面白いよー、と「クロッシーロード」というゲームを紹介されました。それでやってみたのですが、ドハマりしてしまいました。 クロッシーロード 1.0.8カテゴリ: アクションGoogle Playで詳細を見 […]

miitomo
任天堂初のスマホアプリ「Miitomo」をプレイした感想。ゆるいコミュニケーションアプリ

2016年3月17日に任天堂初のスマホアプリ「Miitomo」がリリースされました。Android 版と iOS 版があり、無料でダウンロードできます。 Miitomo | 任天堂 『Miitomo』は、ジブンにそっくり […]

Divein
スマホでFF13が安価でプレイできる「DIVE IN」の操作やプレイ感などの感想

スマホで FINAL FANTASY13 がプレイ出来る時代ですよ。スクウェア・エニックス社がクラウド技術でゲームをストリーミング配信する「DIVE IN」が2014年12月3日から始まりました。 難しい横文字が並んでま […]

ポケモンGO Plus
ポケモンGOの歩きスマホ対策に期待されるポケモンGO Plusとは?

日本でもポケモンGOが配信されてからというもの当然のように街を行き交う人の中にもポケモンGOをプレイしている人をよく見かけるようになりました。そしてそんな中で問題となっているのが歩きスマホ問題です。 ポケモンGOをプレイ […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
本格ネパールカレーの栗山町「earth」はお洒落で入りやすくてナンカレーが美味

北海道の栗山町にある earth(アース)は本格ネパールカレー

ネジを締める時のワッシャー(座金)には何の意味があるのか?

ネジと言えば日常生活で使う家電や生活用品に数え切れない数のネジ

中部国際空港(セントレア)のカプセルホテル「TUBE Sq」に泊まってみた口コミ感想

中部国際空港(セントレア)に2017年4月8日にオープンしたカ

岐阜県垂井町の大人気パン屋「グルマンヴィタル本店」の食パンをレビュー

岐阜県不破郡垂井町にあるパン屋「グルマンヴィタル(GURUMA

谷汲ゆり園
林の中に咲く百合が美しい岐阜県揖斐川町の「谷汲ゆり園」で森林浴をしながら散歩

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある谷汲ゆり園は日本のゆり園ベスト5に選

→もっと見る