*

滋賀にも猫カフェはある!彦根市の「にゃんこっこ」で猫と遊んで癒される

公開日: : 最終更新日:2017/06/15 散歩

にゃんこっこ外観

滋賀県彦根市にある猫カフェ「にゃんこっこ」へ行ってきました。ひこにゃんお膝物の彦根城下、四番町スクエアの中にあります。滋賀県の猫カフェとかお客さん少ないだろと思ってたらそうでもなかったです。猫の癒やしを求める人は全国共通ですね。

にゃんこっこへのアクセス

彦根城下の夢京橋キャッスルロードあたりに位置する四番町スクエアの端に位置するのが、彦根の猫カフェ「にゃんこっこ」です。

にゃんこっこ外観

ご覧の通り外観は普通の一般家庭そのものです。猫カフェの看板のみが猫カフェアピールを醸しています。

駐車場について

にゃんこっこ駐車場

にゃんこっこの駐車場という訳ではありませんが、真正面に40分100円という格安のコインパーキングがあります。にゃんこっこ利用者だけが停めるわけではないので満車になる事もありますが、近隣に他にもコインパーキングがあります。

料金形態について

にゃんこっこ料金プラン

にゃんこっこの料金(もふもふ料金)は前払い制です。予めプランを選んで何分利用するか申告します。

  • 30分:大人500円/小6以下300円
  • 1時間:大人900円/小6以下550円
  • 終日フリータイム:大人1200円/小6以下700円
  • 延長10分:大人180円/小6以下120円

猫カフェとしては珍しく小学生以下も保護者同伴で入店する事ができます。1時間以上いるつもりならフリータイムがよさそうです。

にゃんこっこのルール

  • 写真撮影の際のフラッシュは禁止
  • 猫が嫌がる行為は禁止
  • 猫を部屋の外に出さない
  • 店内は禁煙

猫カフェとしては特に珍しく、猫のだっこが OK です。しかし嫌がるようであればやめましょう。

店内について

入り口を開けたらすぐに靴を脱いで下駄箱へ。すぐ隣にあるカウンターで料金を支払います。そしてアルコール消毒液で手を消毒したら猫たちとのふれあいタイム開始です。

nyankoko5

このような名刺ケースを渡されます。時間は各自管理、猫がかわいすぎて時間を超過してしまわないように注意しましょう。

にゃんこっこの店内

普通の家ですね。猫をたくさん飼っている普通の一般家庭に遊びに来た感覚です。猫たちが机の下やカーペットの上に鎮座しています。

nyankoko13

ちなみににゃんこっこは1階の部屋と2階の部屋があり自由に行き来する事ができます。部屋におわす猫も1階と2階で異なります。感覚で1階は6畳間くらい、2階は4.5畳間程で広くはないです。その為お客さんが5組、6組入店するようになるとギュウギュウ詰めになってしまいます。来店した当日は1時間の間に4組ほどのお客さんが来店しました。

飲み物は?

猫カフェって言うだけだからカフェらしく飲むものもあるでしょう。確かにあります。缶ジュース・ペット飲料が1本110円で売られています。それのみです。

その他のサービス

猫のおやつを一握りほどをカウンターで100円で販売しています。それ以外の食べ物を猫にあげる事は禁止です。

にゃんこっこの猫たち

nyankoko4

店内に入っても猫たちは微動だにせず。走り回る事もなくとても大人しい…。うとうとと居眠りをしていました。猫は雑種みたいです。生後1年以上は経過していそうな大きな猫が13匹います。

にゃんこっこの猫

抱き合って寝たりとってもなかよし。この焦げ茶で蒼眼の猫が一番お気に入りです。

nyankoko8

大人しいので写真も楽に撮れます。

nyankoko9

うつらうつら。

nyankoko10

キャットタワーから見下しにゃんこ。

nyankoko11

触っても大人しいです。

にゃんこっこはパワースポット?

信楽焼三毛猫

2階にはなでるとご利益があるという滋賀の信楽焼、三毛猫の焼き物があります。縁結びの神様で有名な出雲大社で祈祷された焼き物だそうです。訪れた際は是非なでてみましょう。

施設情報

ねこcafe’ にゃんこっこ
住所:滋賀県彦根市本町1-11-13
営業時間:平日13:00~20:00 / 休日10:00~20:00
定休日:月曜日
公式サイト:ねこcafe' にゃんこっこ

関連記事

大津市にオープンした保護猫カフェ

滋賀県大津市初の猫カフェ、膳所駅前の「保護猫カフェねこのおうち」へ行ってきた
2016年12月に大津市にオープンしたという保護猫カフェねこのおうちへ行ってきました。今までに滋賀県内で猫カフェと言えば彦根市と草津市に合わせて3件しかありませんでしたが、

近隣の猫グッズショップ

滋賀県米原市のおしゃれ猫グッズ雑貨店「jiyuujin」猫好きにおすすめ
滋賀県米原市にある猫グッズ雑貨店 jiyuujin へ行ってきました。童話作家池田あきこ氏が手掛ける世界観 WachiField に住まう猫「ダヤン」の猫グッズを取り扱うお

同じカテゴリの記事を見てみる  散歩

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

泊まれる本屋の本棚
池袋の泊まれる本屋ってどんな所?泊まってみた感想など

東京都池袋にある通称「泊まれる本屋」、Book and Bed Tokyo で宿泊してきました。泊まれる本屋についてはラジオで初めて知ったのですが、本屋+泊まれるという異様なキーワードに興味を抱かざるを得ませんでした。こ […]

観音坂トンネル
滋賀県の心霊スポット観音坂トンネルが新しくなって開通しました

滋賀県の心霊スポットの一つとして数えられている滋賀県の長浜市と米原市を繋ぐ「観音坂トンネル」が2016年3月26日に新しくなったトンネルが開通しました。正式開通前にトンネル内を歩ける催しがあり、新しいトンネルの開通なんて […]

上丹生チューリップ祭り
2万本のチューリップが壮観「上丹生チューリップ祭り」ステージもあるよ【滋賀県米原市】

滋賀県米原市の中でもかなり山間に位置する自然豊かな上丹生という所があります。上丹生はかみたんじょうでもじょうたんせいでもありません。これを読める人は少ないですが「かみにゅう」と読みます。 その上丹生ではチューリップ園があ […]

リニア鉄道館
名古屋「リニア鉄道館」は鉄道マニア垂涎の地!大人も子どもも楽しめる鉄道博物館

ゴールデンウィークに JR 東海が2011年3月14日に開館したリニア・鉄道館へ行ってきました。数々の鉄道車両が展示されそれはもう壮観です。鉄道と言えば幼少の頃は憧れの的だった方も多いでしょう。ゴールデンウィーク中ともあ […]

泉神社
名水百選にも選ばれた滋賀の泉神社湧水へ水汲みに行ってきた

1985年に環境省が選定した名水百選ですが、滋賀県には二箇所あります。そのうちの一つが米原市にある泉神社の湧水です。大清水とも呼ばれています。伊吹山に降った雨水が石灰岩層を浸透し、カルシウムなどミネラルを豊富に含んだ水が […]

淡墨桜
日本五大桜の「淡墨桜」は歴史を感じる貫禄ある美しい桜だった

どうせ桜を見るなら有名な桜でも見に行こうかという事で日本五大桜の一つ、岐阜県本巣市にある根尾谷・淡墨公園の淡墨桜を見に行ってきました。有名な桜ですし、ちょうど満開の時期だったので早朝から凄い人入りでした。 淡墨桜は樹齢1 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Flash享年24歳、2020年に完全終了!Flashゲームの行先と代替方法は?

Adobe、2020年末でFlashのサポートを終了と発表 |

ログアウト
Googleアカウントのログアウト後も残るメールアドレスの消し方【ブラウザ別対処】

Google アカウントは今や多くの方が利用されていると思いま

わらび餅入り黒蜜かき氷
長浜市の和菓子屋さんが作る和風かき氷「ちゃらく」のわらび餅入り黒蜜かき氷

滋賀県長浜市ではかき氷専門店はありませんし本格かき氷を提供して

Premiere Elementsで動画の明るさや色調コントラストを補正する方法

写真の明るさや色調を補正する方法なら馴染みのある方法で Pho

ラジオのおすすめ音楽番組は「坂本美雨のディアフレンズ」

テレビの音楽番組は次々と終了して激減していますが、ラジオではま

→もっと見る