*

普通の音ゲーに飽きた?メルヘンな絵本の世界のスマホゲーム「Lanota」をレビュー

公開日: : スマホゲーム

Lanota

ある日、Google Play ストアを眺めていたらこんなファンタジーでメルヘンなアイコンが目に飛び込んできました。何だこのゲームは、RPG か?と思ったら音ゲーもといリズムゲームだったので早速ダウンロードしてみました。普通の音ゲーとは一風違うもので面白かったので紹介します。

Lanotaとは

Lanota とは台湾の音ゲーフリークが集まって開発された新しいリズムゲームです。ただのリズムゲームではなくメルヘンチックなファンタジーなイラストと共にショートストーリーも織り交ぜてまるで絵本のように読み進めていけます。

物語をちょっと紹介すると、カオティックと呼ばれる現象で色と音が無くなってしまった壊れつつある世界で主人公の2人が元の世界を取り戻すために旅立ちます。音と色を司る「ノタリウム」という宝石が機能しなくなっているので調律を行い、世界各地のノタリウムを正常な状態に戻して世界に色と音を取り戻していきます。ファイナルファンタジーにありがちなアレですね。

この調律部分でリズムゲームが挟まれます。

リズムゲームの特長

lanota6

世界に色と音を取り戻していく旅路、ワールドマップで目的地をタップします。

lanota3

難易度は Whisper(簡単)、Acoustic(普通)、Ultra(難しい)の3種類から選べ、譜面スピードを9段階から選べる仕様は他の音ゲーと変わりません。ただ違うのはこれから。

音ゲーと言えば、ノート(棒なようなもの)が上から落ちてきてそれに合わせてタップしていくやつでどれも一緒でしょ?という考えを持っている人もいると思います。しかし、Lanota は音ゲーはどれも一緒という考えを払拭するような新しい音ゲー体験を実現しています。

lanota7

ノートは上から落ちてくるんじゃない、奥からやってくるんだ!

lanota8

落ちてくるノートを画面下部で待ち構えるわけではなく、ノートは円状にひろがっていきます。下に向かってくる事もあれば左右に向かってくる事もあり、更に上に向かってくることもあるかなりアクロバティックな譜面です。譜面が色々と動くのでタップ判定ポイントは甘めに作られていると思います。落ちてくるノートを下でタップするゲームよりやや難しいですが、普通の音ゲーに飽きたという人におすすめです。

ノートが上に向かってくると自分の手で画面が見えなくなってしまうので、良いプレイ方法を研究しないといけません。調べてみるとプレイ中にスマホも回転させるという強者もいらっしゃいます。

lanota5

リズムゲームをクリアすると調律が完了し、色と音が世界に戻ってきます。クリアするとノタリウムが集まり個数に応じて地域や曲の開放に繋がります。

ノタリウムの調律(リズムゲームパート)の合間に絵本風の物語が挟まれます。メルヘンなイラストと物語は癒されるのでちょっとした休息ポイントです。ただ、やや文字が小さいのが難点。

楽曲について

楽曲は個人的にもかなりの良曲揃いだと思います。メルヘンな世界観に合ったファンタジー色の強い曲や、唄が入ったポップス、神秘的な唄、激しいボス戦のような曲まで。RPG のゲーム音楽が好きならきっと気に入る曲ばかりだと思います。

選べるモード

ゲームが進むとモードが選べるようになります。

  • Tune モード:ミスが多発しても曲が終わらない
  • PURIFY モード:ミスが多発するとゲームオーバー

lanota4

PURIFY モードはミスが多いとゲームオーバーになります。中には PURIFY モードでクリアしなければならないなど条件がある場合もあるようです。

同じ曲を再プレイ

色と音を取り戻してからも同じ曲を再プレイする事ができます。再プレイ時にはスコア○点以上など目標ポイントが設定され、クリアするとノタリウムが増えます。

ただし Android 版の場合、何度もプレイしていると待ち時間が発生し広告が挟まれます。広告と待ち時間を無くすためにはフルバージョン(240円)を購入する必要があります。

フルバージョンの購入方法

フルバージョンの購入方法がわかりにくすぎました。広告や待ち時間をなくせるフルバージョン(240円)は PURIFY モードでゲームオーバーになった画面から購入できます。

lanota9

ゲームオーバーになったら画面左下の Retry ボタンをタップすると購入画面へ遷移できます。お支払は Google Play に登録されているクレジットカードです。

追加コンテンツについて

サブストーリーを540円で購入する事ができます。これにより新たな物語と楽曲5曲が増えます。

プレイしやすい方法を模索

円状に広がる譜面の為、普通のやり方ではやりにくいのでプレイ方法を模索しました。

スマホ端を両手で持って親指でプレイ

これが一般的なスマホ音ゲーのプレイ方法ですね。しかし、Lanota では上下左右にノートが散らばるので場合によっては届かないこともあります。これは結構やりにくいです。

スマホを片手で持って人差し指と中指でプレイ

スマホを左手で持ち、右手の人差指と中指でプレイする方法です。最初の方法よりはやりやすいですが、体が変な体勢になり肩が凝ります。

スマホをテーブルに置いて両手の人差し指でプレイ

個人的にはこれが一番プレイしやすいかなと思いました。スマホの両端から人差し指を配置すれば画面が見えなくなる事もないですし、楽な体勢でプレイできます。

おわりに

ファンタジーやメルヘンなイラスト・物語が織りなす新しいタイプのリズムゲームです。普通の音ゲーに飽きたというなら、是非一度 Lanota を試してみてはいかがでしょうか。

実はタイトルイラストを見た時、魔法陣グルグルを思い出してしまいました。こんなファンタジー色が強いイラストが好きなので、ほぼイラストを見ただけでダウンロードしましたがリズムゲームも凄く面白かったです。

Lanota

Lanota
開発元:Noxy Games Inc.
¥240
posted with アプリーチ

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ねこ転がし
重力パズルゲーム「ねこ転がし」は単純で奥が深いおすすめAndroidアプリ

この前ねこ転がしという Android アプリ(ゲーム)を紹介されたのでやってみましたが、誰でも出来る簡単操作で単純でも奥が深いゲームで面白かったです。 ねこ転がし 開発元:Hideaki Matsui 無料 poste […]

Ingress
Ingressが与えるかもしれない子どもの遊びの革命

インターネットを見ていれば「Ingress」という言葉を目にする事もしばしばあるかもしれません。私もその一人でした。Ingress という言葉を何度か聞いて、いつも何だろう?と思いつつスルーしていました。スマートフォンの […]

シムシティBuildIT
都市開発ゲームの総本家がスマホ版をリリース「SimCity BuildIt」

私は昔から特にシミュレーションゲームで「シムシティ」シリーズが好きです。スーパーファミコンの初代シムシティから、2000,3000,シムシティ4、最新のシムシティ2013までプレイするほど。 スマホゲームの都市開発ゲーム […]

パラダイスベイ
【レビュー】島づくりを楽しむスマホゲーム「パラダイスベイ」が面白い

まったりと島づくりを楽しむシミュレーションゲーム「パラダイスベイ」を知ってプレイしてみたのですが、これが凄く楽しかったです。Android, iOS で配信されている基本無料のスマホゲームです。何かアメリカンなキャラクタ […]

お婆ちゃんの昭和な食堂を営むスマホゲーム「思い出の食堂物語」レビュー

先日何かスマホゲームで良い経営シミュレーションゲームはないかなぁと Google Play ストアを探してみたところ、面白そうなゲームを見つけました。それが「思い出の食堂物語 ~心にしみる昭和シリーズ~」です。デフォルメ […]

Divein
スマホでFF13が安価でプレイできる「DIVE IN」の操作やプレイ感などの感想

スマホで FINAL FANTASY13 がプレイ出来る時代ですよ。スクウェア・エニックス社がクラウド技術でゲームをストリーミング配信する「DIVE IN」が2014年12月3日から始まりました。 難しい横文字が並んでま […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
300円カレー
カレーが300円!?長浜駅前にある激安カレー屋「SUNカリー部」えきまちテラス長浜内

滋賀県の長浜駅東口の前、一等地とも言える場所に激安なカレー屋が

divタグ
div要素のクラス名をnth-childの擬似クラスで何番目を指定しても効かない

CSS3 が登場して擬似クラス nth-child が使えるよ

PhotoshopなどAdobeソフトのシリアル番号を忘れたり紛失した場合

Photoshop など Adobe ソフトのシリアル番号はイ

メルカリのうるさすぎる不要なプッシュ通知を止める

CM でも放送されている誰でもかんたんフリマアプリとして代表的

シーリングファン
天井に取り付けられるプロペラ「シーリングファン」の意味とは?

天井が高いカフェやオフィスなどでたまに天井に取り付けられている

→もっと見る