*

琵琶湖を一望できる絶景カフェ、びわ湖バレイの「びわ湖テラス」はまるで天空のカフェ

公開日: : カフェ

滋賀県に琵琶湖を北から南まで一望できる絶景のカフェがあります。それがびわ湖テラスです。びわ湖テラスは蓬莱山山頂にあるびわ湖バレイの一角にあり、果てしなく広がる空、眼下に広がる琵琶湖、滋賀の街並みを一望でき眺めが良い場所です。このリッチで特別な空間をご紹介します。

びわ湖テラスへの行き方

びわ湖テラスは大津市にありますが、滋賀県でも琵琶湖の西側に位置します。車の場合は大津市街地から湖西道路(国道161号線)を北上し、志賀インターチェンジで降ります。(湖西道路は無料です。)その後、南へ行き志賀駅口交差点を南へ、そのまま道沿いに行きびわ湖バレイの看板があるびわ湖バレイ口交差点を西へ行って山を登ります。

電車の場合は JR 京都駅から湖西線に乗り換え、志賀駅で降ります。志賀駅からはびわ湖バレイ行きのバスが9時から16時まで約1時間に1本運行しています。料金は片道330円です。

駐車場について

びわ湖バレイの駐車場は入り口まで15箇所もの広大な駐車場があります。当然近い所から遠い所まであり、遠い駐車場からは入り口までシャトルバスが出ています。

まず高速道路のような料金所があり、ここで駐車料金500円を支払います。そしたらどこに停めようが自由です。

ロープウェイに乗ります

駐車場の一番上にはロープウェイの駅があります。びわ湖バレイは山頂にあるのでそこまでロープウェイで登ります。料金は…

  • 大人:2,200円
  • 小学生:900円
  • 3歳以上:500円

往復料金ですが、これはかなりリッチな空の旅ですよ…。

ロープウェイの駅にはびわ湖バレイのお土産店も併設されています。

ロープウェイは休日は毎時10分おき、平日は毎時15分おきに運行しています。

ロープウェイに乗車して山頂を目指します。

このロープウェイ、超大型です。最大121人乗車する事ができ、時速43kmという高速ロープウェイです。この速度は日本一です。山頂まで4分で到着します。ロープウェイは4面ガラスでパノラマビューが楽しめます。もうここから琵琶湖と広大な空の景色を見る事ができます。

また、車椅子、ベビーカーでも乗車可能です。ケージがあるなら犬もびわ湖バレイへ連れて行く事ができます。

絶景びわ湖テラス

山頂に付いたら左手に通路があり道沿いに進んでいくとびわ湖テラスがあります。春や夏には花々も綺麗に咲いていますよ。

琵琶湖テラス

びわ湖テラスはこの息を呑む絶景です。晴れた日に行ったのにモヤがかかって白い景色でした。

これでスカッと晴れ渡っていたら更に絶景だったのですが、最大級の絶景に巡り会えるかどうかは運ですよね。雨上がり後の晴れた日なら綺麗に見えるかもしれません。ちなみに太陽電池のような青い部分は水が揺らめいています。

びわ湖テラスには第1テラス・第2テラス・第3テラスの3つがあります。第2第3テラスは誰でも入れますが、第1テラスはカフェ利用者しか入れない特等席です。第2テラスのソファ席もカフェ利用者のみの席なので要注意。

恋人の聖地

第3テラスからは山の斜面に沿って降りる階段が続いており、その先には「恋人の聖地」(展望台)があります。雄大な琵琶湖の景色を2人きりで…ロマンチックですね。展望台の白い柵は上から見るとハート型ですよ。

カフェメニュー

びわ湖テラスのカフェメニューはこだわりのコーヒー、紅茶、ほうじ茶、酒、サンドイッチ、パンなどがあります。コーヒーや紅茶が500円からというなかなかの価格です。

店内もお洒落な内装で、テーブル席、ソファ席などがあります。席の予約は不可能です。

店内からも琵琶湖の綺麗な景色を眺める事ができます。また、屋外には第1テラスの特別席もありますが人気なので満席な時が多いでしょう…。

アイス近江和紅茶(500円)を注文しました。日本茶発祥の地としての近江土山が産んだ日本産の紅茶です。繊細かつ上品でスッキリ飲みやすい紅茶でした。

おわりに

滋賀県の絶景カフェびわ湖テラスを紹介しましたが、そこまでたどり着く為の料金は2,700円です(駐車料金500円+ロープウェイ2,200円)。あの琵琶湖を一望できる絶景を見る為の料金にしてもリッチすぎます。カフェだけに行くにはもったいないですね。

びわ湖バレイはびわ湖テラスだけではなく、他にも遊べる施設がたくさんあります。空中散歩ジップライン、スカイウォーカー、ドッグランなどなど。また、4月には桜、5月には関西最大級の見渡す限りの水仙の花が美しく咲き誇ります。秋には紅葉スポットとしても美しい景色を見られます。このような時期を狙って家族で、デートでびわ湖テラスへ行くのも良いですね。

お店情報

びわ湖テラス(びわ湖バレイ内)
住所:滋賀県大津市木戸1547-1
営業時間:平日9:40~16:00 / 休日9:10~16:00
公式サイト:【公式サイト】びわ湖テラス THE BIWAKO TERRACE |びわ湖バレイ Biwako Valley
食べログ:びわ湖テラス – 堅田/カフェ [食べログ]

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

「らぶねこ」札幌最古の猫カフェはどんな所?猫と遊んで癒やされてきた

札幌の大通りにある猫カフェ「らぶねこ」へ行ってきました。今では札幌に猫カフェが6件ほどありますが、らぶねこは札幌に2008年に出来た最古の猫カフェだそうです。とりあえずやっぱり行くなら最古の猫カフェでしょうという事で、ど […]

珈琲屋らんぷのアイスコーヒー
純和風お洒落カフェ「珈琲屋らんぷ」で激安モーニング【岐阜県大垣市】

ただのコーヒー店なら入ってみようとはなかなか思いません。先日見つけたこの珈琲屋らんぷは通りすがっただけで、ここに行ってみたい!と思わせる強い力がありました。 純和風の木造建築に屋根は瓦、蔵を思わせる建物、それでいて古風な […]

彦根駅直結!本格コーヒーと英国雑貨のカフェ「マイクロレディコーヒースタンド」

滋賀県の JR 彦根駅にスターバックスはありませんが、スタバよりも本格派でお洒落なコーヒースタンドがあります。それは「マイクロレディコーヒースタンド(Micro-Lady COFFEE STAND)です。ここではコーヒー […]

朝食もできる古民家パン屋カフェ、米原駅徒歩5分「ベーカリーカフェカシュカシュ」

2017年4月に滋賀県の米原駅東口から徒歩5分程度の場所にベーカリーカフェがオープンしました。古民家を改装したパン屋カフェで古めかしくもお洒落でまるでジブリの雰囲気が漂う空間です。米原駅前と言っても知っていなければ目に入 […]

滋賀県大津市初の猫カフェ、膳所駅前の「保護猫カフェねこのおうち」へ行ってきた

2016年12月に大津市にオープンしたという保護猫カフェねこのおうちへ行ってきました。今までに滋賀県内で猫カフェと言えば彦根市と草津市に合わせて3件しかありませんでしたが、滋賀の県庁所在地の大津市に初めての猫カフェがオー […]

365ワッフル
米原駅前にノマドも捗るお洒落な「カフェ&バー隣町パーラー」がオープン!電源・Wi-Fiも完備

滋賀県の米原駅前に2016年8月に新規カフェがオープンしたという事で行ってきました。明るく雰囲気も良い内装もお洒落なカフェで、スターバックスに肩を並べる程でした。 米原駅と言えば新幹線が止まるのに付近に何もないと言われが […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
OK
了解を意味するOKとはそもそもどんな語源で由来は何?

今では OK という言葉はどこでも耳にしますし、あなた自身もよ

WordPressのメンテナンス中プラグインを入れても管理者もサイトが見られない場合

WordPress で作っているサイトをリニューアルするために

お金の節約をしたいならコンビニに行かない事から始めるべし。コンビニとスーパーの価格差は激しい

コンビニといえば日本全国に至る所に点在していて、ちょっと大きな

カメラバッグ
カメラが2台に三脚も入るカメラバッグならAmazonベーシックのバッグが安くておすすめ

カメラを2台持ち歩くなんてプロカメラマンか写真家以外にありえな

女医
会社の健康診断の申込みを忘れた時、自分で受ける方法と料金について

自分の健康状態を知るためにも1年に1回は健康診断を受ける事が大

→もっと見る