*

滋賀県のゆり園は関西最大級!びわこ箱舘山ゆり園の見頃はいつ?

公開日: : 滋賀

ピンクの百合

滋賀県高島市にあるという関西最大級のゆり園「びわこ箱館山ゆり園」へ行ってきました。滋賀県でもはこだてです。函館ではありませんので要注意。まさか滋賀県に関西最大級のゆり園があるとは思っておらず最近その存在を知りました。高島市といってもあまり馴染みがないかもしれませんが、滋賀県の中でも北西に位置する市で琵琶湖の西側です。

ここは冬はスキー場、夏はゆり園として営業しています。天気が良ければとても眺めが良く、250万輪のゆりが植えられています。ゆり園は7月1日よりオープンし、8月末まで営業しています。

びわこ箱舘山ゆり園への行き方

近くに高速道路は通っておりませんので、京都方面からなら名神高速道路の京都東インターチェンジより国道161号線を滋賀の北西部まで北上約70分。名古屋方面からなら琵琶湖に沿って北から回ってくる必要があります。この付近の国道161号線は高速道路のように直進道路で交差点がなく、右折や左折をするにはランプから下道へ降りる必要があります。びわこ箱舘山ゆり園へは日置前ランプより降りて西へ車で約10分です。箱館山スキー場の看板がある所で北へ細い道へ入ります。

また、JR ですと近江今津駅からが便利です。電車は30分に1本しかありませんが、近江今津駅から箱館山行きのバスが運行しています。料金は片道大人220円です。

駐車場について

箱館山駐車場

冬はスキー場ですので広大な駐車場があります。観光スポットにも関わらず駐車料金が無料なのが良心的ですね。

トイレについて

ロープウェイ乗り場にトイレがあります。また、山頂にもトイレが数か所あるのでご安心ください。

ロープウェイの料金

駐車料金は無料ですが、駐車場からロープウェイで山頂まで行く必要があります。ロープウェイには料金がかかります。駐車料金も入園料もロープウェイ料に込みという形でしょうね。

ちなみに料金は往復で以下のようになっています。

  • 大人:1,850円
  • 小人:930円
  • ペット:510円

ペット(犬)も入園できますが、ペットにも料金がかかります。

ロープウェイの営業時間は9時から16時30分までで、8人乗りのロープウェイが絶えず運行しています。所要時間は山頂まで約8分です。

ロープウェイで山頂に到着しました。霧!

麓が晴れていたら山頂も晴れているかといえば話は別なので、天気が残念な時もあります。

園内マップについて

ゆり園を徒歩で散策すると約2kmあり、約70分程度かかります。スキー場なので基本的に起伏が激しい山です。足腰に自信がないなら厳しい散策になるでしょう。歩くのが嫌なら、山頂展望台まで行けるペアリフトが運行していますし、ゆり園を電車に乗りながら散策できる天空ゆりトレインもあります。もちろんどちらも有料です。

箱館山ゆり園の見頃は?

箱館山ゆり園では3つの時期に分けてゆりが植えられており、早咲き・中咲き・遅咲きの順番に花を咲かせます。なので基本的にゆり園営業期間中はいつ来ても見頃になるようになっているのですが、毎年の気候状況によって開花が遅れて花が少ない隙間時期が発生する事もあるようです。スタッフブログや公式 Facebook で状況を見つつ行く時期を検討するしかないですね。

箱館山ゆり園のみどころ

森のゆり道

森のゆり道

森のゆり道は、森の中を通る散策するルートにゆりがたくさん植えられている場所です。森に囲まれた緑とカラフルなゆりの花のコラボレーションがとても美しいです。

森のゆり道を抜けた先には琵琶湖が一望できる展望スペースがあります。天気が残念すぎました。

5色の扇ゆり畑

5色の扇

ゆり園の奥には扇形に型どられたゆり畑があります。5色のゆりが綺麗に植えられており壮観な景色を見られます。

コキアパーク

ゆりに次いで見どころとなっているのが、別にコキアパークとして設けられている丸くて卵型のコキアです。ゆり園内には約2000本のコキアが植えられています。このコキアは夏は緑ですが、秋には紅葉して赤くなりまた別の美しさを見せてくれます。

ランチする場所は?

第二ヒュッテ

ゆり園内にある第2ヒュッテでランチができます。同じ場所に土産物店も併設しています。

高速道路のサービスエリアに見るような基本的に軽食の類ですね。

名物ゆりソフトクリーム

外にはホットフードなど軽食が販売されている売店があります。ここで販売されているゆりソフトクリームが名物という事で食べてみました。

ゆりソフトクリーム

ピンク色をしており、ゆり根をたっぷりとブレンドしているそうです。価格は350円です。

基本的にバニラソフトクリームベースで癖もなく誰でも美味しく食べられると思います。甘味の中にちょっとだけ芋系の野菜の風味が感じられます。恐らくこれがゆり根。

子どもの遊び場もあります

ゆりの花なんてどうでもいい!何の感動もしない!遊びたい!というようなお子様にはキッズワールドという遊び場があります。子ども連れ家族にはうってつけです。こちらは有料で、子ども350円、大人150円かかります。

中にはトランポリンがあったり、ソリ遊びができたり、水遊びもできる場所があります。子ども達の声で賑わっていました。

人工雪のスノーマウンテンもありました。夏に触る雪に子どもも大喜び!

日本伝統芸能「猿まわし」

猿まわし

ゆり園営業期間中の土日祝のみに限られますが、猿まわしという催し物も行われていました。神戸モンキーズ劇場からお猿さんが遠征してきます。ここでは猿のいろいろな芸を披露されました。意外に凄くて観客席からも大喝采です。

何時からという案内はされていませんが、11時前後に行われていました。開演のお知らせには太鼓で教えてくれるようです。

おわりに

山頂に行ってみれば凄まじい霧で残念でしたが、直射日光を浴びる事がなくて涼しかったです。山は天候が読めないから難しいですね。

施設情報

びわこ箱館山ゆり園
住所:滋賀県高島市今津町日置前4201-1
営業時間:9:00~17:00
営業期間:7月1日~8月末まで
公式サイト:関西のフラワーパークはびわこ箱館山ゆり園/箱館山コキアパーク

同じカテゴリの記事を見てみる  滋賀

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

教林坊
知られざる滋賀県の紅葉の名所、安土町にある隠れ寺「教林坊」

人があまりいない静かな紅葉スポット巡りをしております。今回は滋賀県の近江八幡市安土町にある侘び・さびの隠れ里、石の寺教林坊へ行ってきました。私も今年までこのような所がある事を知りませんでしたし「侘び・さびの隠れ里」という […]

滋賀で穴場の桜お花見スポットなら長浜市の高時川堤防の桜がおすすめです

滋賀で桜の有名な所と言えばいくつかありますが、その中でも最も有名なのは琵琶湖北端の海津大崎です。海津大崎はあまりに有名過ぎて県外からも観光客が訪れ、近くの道や海津大崎の道路は満開の時期には交通規制がかけられる程です。その […]

規模は日本一!醒井養鱒場は餌やりや鱒釣りが楽しい穴場的観光スポット【滋賀県米原市】

滋賀県米原市にある醒ヶ井養鱒場へ行ってきました。醒ヶ井養鱒場は1878年に設立した日本最古の鱒の養殖・研究施設で鱒だけでおよそ80万匹以上が飼育されています。鱒のエサやり体験や鱒釣りも出来る観光施設としても楽しめます。魚 […]

滋賀県唯一の鍾乳洞、多賀町にある河内風穴は天然記念物に指定され大空洞が魅力

日本全国に点在し、神秘的な光景を見せてくれる鍾乳洞。滋賀県にもありますが1箇所しかありません。それは彦根市の南、多賀町にある河内風穴です。河内風穴は滋賀県指定天然記念物にも指定され、洞窟の長さは現在わかっている距離で10 […]

滋賀の湖東三山「百済寺」で雨の紅葉も幻想的で美しかった

滋賀の湖東三山の紅葉スポットの一つとして知られる百済寺へ行ってきました。西明寺・金剛輪寺・百済寺は有名な紅葉スポットで、紅葉シーズンには大混雑となります。大混雑は嫌なので今まで行ったことはなかったのですが、やはり定番も押 […]

長浜市の紫陽花が1万本群生する鑑賞スポット「余呉湖あじさい園」

桜や紅葉と言えばそれぞれ美しいスポットへ出かけたりする事もありますが、あじさいをわざわざ見に行った事はないなと思って行ってみる事にしました。桜や紅葉ほど大々的に特集を組まれる事はありませんが、ジメジメした梅雨の時期に紫陽 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
シーリングファン
天井に取り付けられるプロペラ「シーリングファン」の意味とは?

天井が高いカフェやオフィスなどでたまに天井に取り付けられている

ASUSタブレットPC「T101HA」でPhotoshopは問題なく使える?

今まで外出先や旅行先で作業する為のモバイル端末として、Andr

イタリアンジェラート
小樽市のイタリアンジェラート専門店「パスコロ」豊富なメニューと滑らかな口溶けが魅力

北海道の小樽市にあるパスコロは、手作りアイスのイタリアンジェラ

札幌大通近くのハヤシライス専門店「フェルム・ソレイユ」2週間熟成した究極のハヤシライスを食すランチ

札幌市中央区役所の近くにあるハヤシライス専門店「フェルム・ソレ

中部国際空港(セントレア)の駐車場でバッテリー上がりを起こした時の対処法

先日中部国際空港の駐車場でバッテリー上がりを起こしてしまいまし

→もっと見る