*

Amazonの商品説明文に画像を載せられるようになりました「商品紹介コンテンツ」

公開日: : 最終更新日:2016/02/04 ネットショップ

Amazon の商品ページを想像してみてください。商品画像に商品説明がリストで列挙されている程度で実にシンプルですよね。楽天など他ショッピングモールと比べて商品アピール具合が大人しいと思いませんか?

その理由は Amazon の仕様上その他のショッピングモールのように画像をふんだんに使うことができなかったからです。使えると言えば、商品画像の左手にあるサムネイルで商品説明画像を8種類使えるのみでした。

例外として Amazon が販売している商品、一部の Amazon に認められたショップのみ商品ページの下部に独自に商品説明画像が掲載されていました。

商品説明文に画像を載せられるようになりました

2015年6月下旬より「商品紹介コンテンツ」という機能が追加され Amazon への大口出品者であればどのショップでも商品説明文に画像付きで紹介できるようになりました。この機能は大々的に発表されたわけではなく、Amazon セラーセントラルのヘルプにひっそりと追加された程度で、知ることが出来た人だけ使ってくださいのような機能です。

ただし、使える画像は幅300ピクセルと小さい画像しか使えません。他ショッピングモールで使用している画像の流用は文字が読めなくなるなど弊害があり難しいでしょう。画像はあくまで写真のみを掲載、能書きや文章は画像ではなくテキストで書くというスタイルです。

商品紹介コンテンツの使い方

セラーセントラルの在庫管理画面もリニューアルされ新在庫管理画面となりました。旧管理画面のままだと使えませんので、新在庫管理画面に移行しましょう。

Amazon商品紹介コンテンツ

在庫管理画面の各商品の一番右に「詳細の編集」ボタンがあります。▼を押してメニューを開き「商品紹介コンテンツの編集」をクリックします。

amazon-syousai2

今は一種類しかありませんが、テンプレートを選びます。(今後増えるそうです。)

amazon-syousai3

商品紹介コンテンツは4項目まで作ることが可能です。1項目につき使える画像は2枚です。見出しを書き、説明文を書きます。画像は図中の「画像1」「画像2」の上にマウスを乗せると右上にボタンが表示されるので、そこから画像をアップロードします。

一度商品紹介コンテンツを作った同様の商品があるなら「既存の商品紹介コンテンツからコピー」ボタンを押せばまるっとコピーする事ができます。

編集が終わったら、右下の「プレビュー」ボタンを押しましょう。

実は商品紹介コンテンツを作ったら即座に商品ページに反映されるわけではありません。まず Amazon の審査が入ります。通常30分もあればページに反映されますが、反映されない場合はガイドラインに違反している可能性があります。もう一度商品紹介コンテンツ作成ページに行けば、エラー内容を確認できます。

amazon-sample

通常 Amazon の商品ページは上図のようになっています。商品紹介コンテンツを作ると赤枠の部分が追加され商品の詳しい説明を行う事ができます。

商品紹介の一例

amazon-syousai4

商品紹介コンテンツを作れば上図のような商品ページを作成する事が可能です。やはりないよりあった方が良く見えます。

商品サブ画像を見るのは意外と敷居が高い?

従来でも商品のサブ画像、いわゆる商品画像以外の詳細な画像を登録する事は可能でした。商品画像の隣にサムネイルが表示されており、マウスを乗せると大きな画像を見る事ができます。サムネイルは商品画像の他に6枚表示されていますが、実は1商品に対して9枚まで画像を登録できます。残り2枚は商品画像をクリックしないと全てを見る事ができません。

これが実は意外と敷居が高いのです。商品のサブ画像をすべて見る方法を知らない人が意外と多いです。

おわりに

Amazon で買い物する時って商品の購入の決め手になる物はレビューのような気がします。商品サブ画像を見るのは敷居が高いですが、商品紹介コンテンツはスクロールしてレビューを見る過程の中にあるので商品の購入の違った決め手を提供する事ができます。やっておいて損はないでしょうね。(ただ他ショッピングモールの画像を流用できないので手間はかかる。)

関連記事

要注意、Amazonに出品する商品の商品名は一度決めたら変更できません
Amazon でネットショップを出店している方も多いかと思います。が、Amazon で商品を出品する際、注意点があります。 それは、Amazon に商品登録する際に一

上部広告

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ダンボール
楽天の商品ページの納期情報の文字色やサイズを変更する方法

「楽天商品ページにある納期情報の文字色変えれる?」 突如放たれるその言葉。全く無茶を言ってくれますねと思いつつも、試行錯誤を始めます。試しに google で検索しても特に情報はありません。しかし、google の検索予 […]

プチプチ
誰も教えてくれない梱包に使うプチプチの切り方

プチプチと言えばきっと誰もが見たことがあるでしょう。手元にあればついプチプチと潰したくなるあれです。通販で購入した物の中に緩衝材として入っている事が多々あると思います。 ネットショップを開いている方や、個人でオークション […]

ボタン
Photoshop不要!ボタン素材を自動生成してくれるButton Makerの使い方

Web 上にはボタンというものが至る所に存在しています。検索ボタン、閉じるボタン、送信ボタン、クリアボタン、これらは Web 上でよく見られるボタンです。 このボタン画像は一見簡単に見えて地味に手間がかかるんですよね。C […]

楽天ショップの会社概要のスマホ版をリリース。画像の幅をレスポンシブにする方法

楽天の各ショップには会社概要ページ、お支払・送料のページがあります。しかし、あれだけスマホ最適化、モバイルファーストが叫ばれようともここだけはスマホで見ても PC 版のままでした。 ようやく楽天が重い腰を上げて、楽天ショ […]

商品ページの回遊率アップで売上向上を狙う為の施策について

どこのネットショップ、ショッピングモールでもそうですがマニュアル通りにただ商品を載せただけでは売上向上に繋がりません。ちょっとしたカスタマイズで商品ページの回遊率を高め、商品が売れる機会を増やすことができます。 カスタマ […]

ショッピングカート付近にバナーを
楽天商品ページのカート付近、商品名の下にバナーを貼る方法

ネットショップのショッピングカート付近といえば、商品を見たり買ったりする人なら誰でも目を通す一等地です。そんな所にお知らせやバナーなんかを貼る事が出来たら便利ですよね。 楽天の商品ページでは標準機能では用意されていません […]

上部広告

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

上部広告

       
Amazonプライム限定のクレヨンしんちゃん外伝は地上波とは違う面白さがある

クレヨンしんちゃん25周年を記念して2016年8月から Ama

Chromeでテーブルの列をコピー、矩形選択ができる拡張機能「Copytables」

ウェブサイト上でもデータをまとめる際に表がよく使われます。これ

キャッシュトレイ
三菱東京UFJ銀行でもコンビニATM手数料を無料にする事が可能です(条件有り)

セブンイレブンやローソンなどに設置してあるコンビニ ATM は

サングラス
車を運転中に朝陽が眩しくて信号が見えないのでサングラスで対策した

先日車を運転中にヒヤリとする出来事がありました。それは信号に気が付かな

ニーアオートマタのPC版をGeforce GTX960でプレイした感想

2017年3月18日より発売されたスクエアエニックス(開発はプ

→もっと見る